眼科医の採用基準とは?

眼科医の採用基準はさまざまあると思いますのでここではいくつかを例示してみます。

眼科医が民間の一般病院やクリニックなどに転職する場合、執刀経験を持っていると待遇面で優遇を受けられる可能性が飛躍的に高まります。白内障の手術件数は年間で100万件にも上るとされており、目の病気の治療には手術が必要になることが多いです。また、同時に、それは眼科医における重要な収入源ということでもあります。しかし、ほとんどの眼科手術は難易度が高く、危険性も高いため、メスを持ちたがらない眼科医も少なくありません。ですのでそのキャリアがあれば評価はあがります。眼科医が多くても、執刀医の少なさに悩まされているという医療機関もあります。そのため、眼科手術の執刀経験を持っていればその経験は大きな強みになり、採用をもらえる可能性が高くなるといえるでしょう。もちろん、執刀経験は多ければ多いほどいいものですが、眼科手術の執刀経験を持っていなくても、眼科手術に対する積極的な姿勢を示せば十分なアピールポイントになります。

あとは労働環境があうかも採用基準になりますね。これは眼科に限らずですが。実際に大手転職エージェントに集まっている眼科医の求人を見てみると、土日祝日休み、平日は9時から17時の勤務時間を約束している求人は多く、実際に働いている医師の声を聞いてみても、その通りに近い勤務時間で働けているというケースも多いようです。特に忙しいといわれる外科医系の仕事と比較すると、眼科医は落ち着いて働ける職場が多いといえるのかもしれません。 ですが中には忙しい眼科の職場もありますね。そういうところはどれくらい勤務環境を併せてくれるかが採用基準になることがあります。眼科医でも勤務場所によっては、時間外労働や休日出勤を求められるケースがあるようですのでそういうケースは採用条件の1つになるかもしれません。

資格があると採用されやすくなるケースもあります。眼科医の先生にとって資格と言えば専門医の称号だと思いますが、眼科医の中でも専門医に対する評価が分かれており、苦労してまで取得を目指さない先生も最近は増えています。 それでも頑張って眼科の専門医を取得した場合、やはり採用には生かせる職場もあります。「専門医など意味がない」と早々に見切りを付ける眼科の先生も多いのですが、実際は専門医の称号が転職で役立つ場合は多いです。 特に眼科専門クリニックや総合病院などは専門医の先生を優先的に雇いますし、転職の年収交渉で、専門医の資格を持っているとより高い年収を引き出せる可能性も高いです。専門医の資格を評価してくれる病院、眼科専門クリニックはたくさんあり、逆に専門医でないと転職が困難な職場もあるので、転職時にはその手の医療機関に応募するといいかもしれません。専門医を優遇してくれるか、優遇してくれないかは、医療機関によって全く違います。そもそも優遇できるだけの財務的な体力がない医療機関もありますし、専門医の実力を必要としていない医療機関もあるはずです。やはりどこの医療機関でも自動的に専門医を評価してくれるとは限らないのですね。 そうした現状がある中で、専門医を優遇してくれる医療機関を探すには、やはり情報網が必要になってきます。優遇してくれるといっても、どのように優遇してくれるのかは医療機関によって違いますし、どの程度優遇してくれるのかも違います。

眼科医におすすめ!大手医師転職サイト3選

眼科医の求人探しに医師転職サイトが使える理由

転職をして活路を見出そうという眼科医もたくさん存在しますが、実際にどうやって求人を見付ければ納得のいく転職が可能になるのでしょうか? 例えば、リクルートドクターズキャリアなどの医療系の転職支援サイトで求人を探せば、より効率的に条件を満たした転職先が見つかるでしょう。就業まで一貫してサポートしてくれるので、初めての転職でも安心ですね。

やはり眼科医が転職を考えている場合は、以下のような理由から民間の転職支援サービスを利用するのがおすすめです。

1、 眼科クリニックなどは選択肢が多過ぎて自分では探しきれない。条件にあったものをピックアップしてくれる
2、 年収交渉・条件交渉などを代理で転職支援サービススタッフが行なってくれる

順に説明します。

1、眼科クリニックは歯科クリニックと同じくらい、たくさん存在しています。しかし、クリニックの経営状態や給与相場は医院によってかなり違ってくるので、個人の情報収集力では見分けが付きません。その点、転職支援サービスを利用すれば希望する条件のクリニックを簡単に見付けてもらえるので、時間も手間も大幅に短縮が可能です。

2、転職支援サービスを利用すると、年収交渉や条件交渉なども手伝ってもらえます。特に眼科クリニックは給料面、勤務内容面で大きな差がありますし、交渉次第でかなり変わる可能性もあります。 交渉で年収が数百万円変わる可能性もありますし、勤務体系、雑務の量、担当オペの内容などを変更できる可能性もあります。引越しが必要ならば引越しの手伝いをしてもらえますし、すぐに転職の気持ちがなくても相談に乗ってもらえます。

リクルートドクターズキャリアのようなサービスは複数あるので、その中から使い勝手の良さそうなサービスを探して賢く利用してみてください。ここでは「眼科医におすすめ!大手医師転職サイト3選」ということで3つご紹介します!

おすすめ医師転職サイト①リクルートドクターズキャリア

30年以上の実績を持つリクルートドクターズキャリアは、眼科医に限らず数多くの医療求人を取り扱っているサービスです。転職の際の情報は秘密厳守を徹底しているため、転職を検討していることを職場に知られたくない人でも安心して利用できます。 リクルートドクターズキャリアでは、眼科医が転職の際に重要視する条件を指定できます。高収入であることはもちろん、認定医取得の出来る転職をしたい人にとって、将来のことを考えて自分の進む道を選びやすくなるのもポイントです。 サービスを運営している企業が大企業であるということから安心感もあり、それまでに培ってきたノウハウから、転職に関する様々なサポートも利用できるのでとてもお勧めです。

おすすめ医師転職サイト②メディウェル:医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、掲載している求人情報数が業界でもトップクラスで、自分が知らない眼科医求人を探したい人にお勧めのサービスです。それだけ数が多いということは、非公開求人の数も多いということであり、一般公開されていない好条件の求人情報もたくさん紹介してもらえます。 眼科医の転職はお任せ下さい。新しい就職先が決まって現在の職場を退職する際も、医師転職ドットコムではサポートをしてくれます。事前に退職の意思を伝えていても、実際に退職をするときになったらトラブルが起きてしまうことはあります。その際に医師転職ドットコムが円満退職する際のノウハウを教えてくれるのです。 サービスを利用した人の多くが、転職前からの年収アップにも成功しているなど、満足度が高く人気の転職サイトです。 眼科医におすすめのサイトの1つです。

おすすめ医師転職サイト③マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは、医療求人の業界ではまだ新しい部類に入るのですが、急成長をしていることから注目されています。利用するなら大手の有名なところが良いと考えている人もいますが、マイナビならそれに該当すると思います。眼科の求人情報は、実際に探してみるとかなりの数が見つかります。クリニックの数がとても多いので、いったいどこを選べば良いのか迷ってしまうほどです。もちろんその中には好条件の求人もあれば、あまり魅力的とは言えないものもあります。その中から自分に合った求人情報をお勧めしてくれるサービスなので、是非活用してください。

医師転職サイトの担当者に聞いた!眼科医に人気のある職場は?

眼科のある病院やクリニックも、同じように見えて実は様々な違いがあります。その中でも人気があるのは、白内障のオペ経験を積める病院です。眼科自体は以前に比べて人気も低下しつつありますが、高齢化社会において白内障患者の数が今後も増加することが予想されており、将来のことを考えると白内障治療に関する経験を積めることは大きなメリットになります。

大きな病院を選ぶ人もいますが、多くの経験を積むのであればクリニックも転職先として人気です。毎日の仕事が忙しく、なかなか研究などに力を入れる機会が得られないこともありますが、多くの経験を積めることは眼科医として成長するためには重要な要素です。

また単純に好条件の職場も人気です。昨今は眼科医を選ぶ人が少なくなっていることから、地方によっては眼科の常勤医がいなくなる問題が起きています。そのため地方の求人に目を向ければ、好条件の転職先が見つかる可能性も高くなっています。需要が高くなればなるほど、雇用条件も良くなっていきます。そういう意味では、あえて地方を選ぶのも好条件の求人にめぐり合う1つの方法です。大都市ではむしろ眼科医が余っているような状況ですが、少し離れた地方になるだけで深刻な事態に陥っていることもあるアンバランスさが、眼科の抱えている問題です。

最終的にどこへ転職をするのかを決める際には、自分の将来のことを考えて転職先を決めるようにしてください。独立開業をしたいのか、最先端の技術に触れたいのか、それともワークライフバランスを重要視するのか。人気の有無だけではなく、自分がどうしたいのかも含めてチェックしていきましょう。

形成外科医の求人は少ない?美容整形業界への転身事例も

形成外科は怪我や火傷や床ずれなどの傷、皮膚の病変、先天性奇形、若返り手術や美容外科など、主に体の表面や形状を取り扱う診療科であり、再生治療の知識と技術が必要になります。再生治療の診療の多くは大学病院をはじめとする研究機関で行われており、形成外科を標榜する病院はそれほど多くはありません。そのため、形成外科は求人募集もそれほど多くないものです。 形成外科医を目指ししているものの、求人募集が中々見つからないという方は求人誌や求人募集サイトを小まめにチェックするか、求人情報サービスに登録して求人募集が発生したら自動的に通知してもらうようにするといいでしょう。

実の形成外科の医師求人募集は数こそ少ないものの、平均給与は医師全体の平均年収と比べると高い数値を示しています。形成外科を標榜する病院では、年収が2,000万円という求人も医師転職サイトの中に見受けられました。その求人は一週間の勤務日数も4日から5日程度であり、無理なく充実した私生活を送ることができます。

形成外科医の中には美容整形クリニックなどにも活躍の場所を変える人もいます。大手美容クリニック、例えば湘南美容外科や城本クリニックなどのホームページをみても元々は美容畑にはいなくて形成外科医をやっていて、美容業界にきたという人もいます。近年では美容整形が広く行われてきているようになっており、これから美容整形に通じた形成外科医のニーズは上がっていくのではないかと考えられます。将来的に美容整形の分野で成功したいと考えている方などは形成外科医から美容整形外科クリニックなどの求人募集に応募してみるのもいいでしょう。

福岡の美容外科・美容皮膚の医師求人を見つける方法

美容外科や美容皮膚科は比較的医師求人の多い診療科です。ただし、地域によってかなり違いがあり、福岡の場合はやはり県北にある大都市、博多市や福岡市に集中しています。その理由は、やはり美容外科や皮膚科のクリニックが大都市に多いということでしょう。美容外科で施術を受けるということに関しては、まだ世間で受け入れられないケースもありますので、地方ではなかなか出来ないのが現状です。その一方で、都心では気軽に美容外科を訪れる人が増えており、美容外科医のニーズは高まっているのです。そのこともあって、福岡では博多や福岡市での求人が多くなるということになります。

美容外科や美容皮膚科が他の診療科と決定的に違うのは、訪れる患者さんが病気ではないということです。健康上は問題はないけれど、見た目を良くするために治療や手術を行うのが美容外科や美容皮膚科で、そのため健康保険も適用されません。料金は、クリニックによって異なり、福岡で人気の美容外科では非常に利益を上げているケースもあります。そういったクリニックでは医師の給料もかなり高い水準にあるのが一般的です。そのため、求人の中にはかなり条件の良いものもあるので、条件で選ぶのも良いでしょう。

福岡に限ったことではありませんが、美容外科の場合は通常の診療科とはやや変わった基準で採用がされることがあります。つまり、美しくなる美容のための病院ということで、外見的な美しさが採用の際にプラスに働くことがあります。もちろんそれは差別などではなく、患者さんの立場で考えた時に、美容についての相談をするのであれば、きれいな医者のほうが説得力があるということです。また、顔立ちの美醜については好みの問題もありますが、美容皮膚科における肌のきれいさなどは大切で、肌の荒れている美容皮膚科医では患者さんが不安になるというものでしょう。そのため、美容外科や美容皮膚科の医師転職においては、自分をきれいに見せる努力も必要になるのです。

特に、福岡の博多市や福岡市はおしゃれな街ですから、美容についての関心も高く、美容外科や美容皮膚科に通う人が多い反面、患者さんから見る目もシビアになります。絶対に治療を受けなければならない病気とは違って、患者さんがお客様的な側面を持つ美容外科などでは、患者さんから見て「こうなりたい」と思わせるようなビジュアルと、相手が心を許してくれるようなコミュニケーション能力も大切になります。

では実際に福岡の美容外科・美容皮膚の医師求人を見つける方法ということですが、全てが公開求人になっているわけではありません。湘南美容外科などの大手は公開求人も多いですが小規模クリニックは非公開求人という形で美容外科医・美容皮膚科医を募集しています。そうした裏情報も、リクルートドクターズキャリアなら転職業界を知り尽くしたプロのアドバイザーたちがこっそり情報公開してくれます。職場環境、離職率、働きやすさ、サポート体制など、知りたい情報はアドバイザーにどんどん質問してくださいね。

福岡で人気の医師採用先一覧

千鳥橋病院の医師採用事情

千鳥橋病院では、がんの告知やカルテ開示など、他の病院では賛否両論あってなかなか前に踏み出せないようなシステムがすでに1997年の段階で確立されている病院です。自分の健康のことは自分ではっきり認識したいという患者さんが遠方から足を運ぶことも多く、千鳥橋病院で働く医師は、そうした患者さんとまっすぐに向き合う姿勢が求められます。古い慣習を抜け出したいと思っている人や、新しい医療の形を模索している人にとっては、千鳥橋病院なら大きなやりがいや達成感を実感できるのではないでしょうか。

千鳥橋病院は、病床300以上を持っている総合病院です。診療科目には内科や外科、皮膚科、小児科、産婦人科、整形外科など一般的な診療科目はもちろん、乳腺外科、病理診断科、腎臓内科、放射線科などの特殊科目も設置されています。また、救急車も年間に3000近くを受け入れているため、医師たちは昼夜を問わずに忙しく働くことになります。当直なしの仕事を探している人にとっては、千鳥橋病院はおすすめではないかもしれませんが、医師としての経験や技術、専門的な知識をスピーディに身につけたいという人なら、千鳥橋病院は理想的な職場環境となるのではないでしょうか。多忙を極める他の総合病院と比べると、ここでは病床は336床と比較的少ないため、大規模な病院と比べて患者さんと向き合うゆとりはあるようですね。

千鳥橋病院ではまた、家庭と仕事を両立させたい女性医師を応援しています。総合病院で専門的なスキルや知識、経験を積みたいと考えている女医は少なくありません。しかし、家庭と仕事を両立しようとすると、どうしても職場が限られてしまうのも事実。千鳥橋病院では、両立を目指す女性医師をサポートする体制が整っているので、他の総合病院と比べると勤務条件や待遇などをフレキシブルに対応してもらえるのではないでしょうか。

福岡大学病院の医師採用事情

「温かい医療」をモットーに運営されている福岡大学病院は、災害拠点病院にも指定されている大規模な病院。福岡大学に隣接しているため、患者さんに対する医療提供だけでなく、研究職系の仕事も充実した病院です。大学病院は福岡大学病院に限らずどこもそうですが、内科や外科、小児科、形成外科、整形外科、皮膚科、呼吸器科、消化器科など一般的な診療科目はかなり充実していることが多いものです。それに加え、福岡大学病院では美容外科という総合病院では珍しい特殊診療科目も取り扱っているのが特徴。最近の美容整形ブームに伴って人気急上昇中の診療科なので、美容外科医としての技術や知識、症例を多く経験したいという医師も多く、求人が出るたびに大勢の医師が殺到して激戦となるようです。

福岡大学病院では、それぞれの診療科ごとに独立した公式ホームページを運営しています。この大学病院に転職したいなと考えている人は、そうしたホームページに目を通してみるのもおすすめです。職場の雰囲気や空気がホームページを通して感じ取ることができるかもしれませんよ。転職した後にすぐに離職したいと思わないためには、転職活動中にその病院の雰囲気や職場環境をチェックしておきたいですね。 福岡大学病院の医師求人は、病院の公式サイトでも募集されていることがあります。公式サイトから直接応募する方法もありますが、能力にあった適正年収で転職をするためには、やはり転職サイトを利用する方法がベスト。専任のアドバイザーが、病院側に年収や条件などを代理で交渉してくれます。

福岡赤十字病院の医師採用事情

日本赤十字社の福岡県支部として機能している福岡赤十字病院は、大規模な総合病院です。内科や外科、小児科、皮膚科、眼科など総合病院に設置されていることが多い一般的な診療科はもちろん、心臓血管外科など専門性の高い診療科も取り扱っています。また、リハビリテーション科や歯科のように、通常なら総合病院とは独立した医療機関となっていることが多い診療科も内設されているので、こうした分野を専門としている医師の中で、ベテラン医師から指導を受けながら専門性を高めていきたい人や、若い医師の育成に取り組みたい人などは、福岡赤十字病院への転職で大きなやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

福岡赤十字病院ではまた、特殊外来と呼ばれる診療科もたくさんラインナップされています。フットケア外来、禁煙外来、生活習慣病外来、乳房外来、ストーマ外来、睡眠時無呼吸外来、足病外来など、通常の場合なら皮膚科や内科、外科、精神科など、ほかの診療科が受け持っていた疾病に関して専門の診療科が設置されています。こうした特殊外来はニーズが多いために設置されることが多いため、特殊な分野において専門性を高めることができれば、医師としてのニーズも高くなりそうですね。

福岡赤十字病院の医師求人は、若手の研修医からベテラン医師まで、幅広いレベルの医師の求人が行われています。福岡市の中心部という絶好のロケーションということもありますし、大規模な病院なので、医師はそれほど深刻に不足しているというわけではないようです。また、診療科によっては人気が高く、求人募集が出てもすぐに埋まってしまうケースも少なくありません。探している診療科の求人をスピーディに見つけて応募するためには、転職サイトを利用した転職活動がおすすめです。

福岡市民病院の医師採用事情

福岡市内にある福岡市民病院は、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病といった4大疾病への対応を中心とした、高度で専門的な医療を提供する病院です。様々な医療実績を持ち、特に生活習慣病およびそれに付随する様々な疾患の治療に大変高い評価を得ており、勤務する医師や看護師のレベルも高く、専門医や認定教育機関としても機能しています。 さらに現在では、よりその需要が高まっている高度救急医療への取り組みおよび向上も図られており、脳卒中センターの機能強化、循環器系疾患への対応強化などを進めています。このように福岡市を始めとする近隣地域の中核病院として、現在も多くの患者が利用する病院となっており、またインフォームドコンセントなどにも利用される病院として機能しています。

福岡市民病院の医師の求人情報についてですが、採用に関しての問い合わせなどは随時応募を受け付けているものの、現在積極的な採用は行なっておらず、すぐに医師として福岡市民病院で働くことは難しいものとなっています。しかし今後求人情報が公開された際には、しっかりとその情報をキャッチしておきたいものです。しかしながら、実際の仕事の忙しさや転職活動を進めて行く過程において、毎日求人が出ているかどうかチェックするのは非常に手間がかかり、また非効率的です。そこで活用したいのが転職支援サイトです。 転職支援サイトでは希望の求人情報が掲載された際には、メールなどでお知らせしてくれるサービスなども実施しており、このサービスを利用することですぐに情報が公開されてから、応募まで無駄なくスムーズに行うことができるようになります。また似たような求人情報も広く紹介してくれるので、様々な求人案件を比較検討することもできます。

福岡和白病院の医師採用事情

最先端の医療に積極的に取り組んでいる福岡和白病院は、350以上の病床を抱える中規模な総合病院として機能しています。この病院には、内科や外科、呼吸器科、整形外科、皮膚科、眼科、救急科など一般的な診療科がずらりと設置されているだけでなく、脊髄脊椎外科、リウマチ科、糖尿病内科、乳腺外科などの特殊な診療科も見かけることができます。こうした分野で専門性を追求したい人にとっては、福岡和白病院はまさに理想的な職場になるのではないでしょうか。 福岡和白病院では、リハビリテーション科のように通常なら総合病院の中には設置されておらず、独立した医療機関となっていることが多い診療科もあります。大勢の医療スタッフと一緒に仕事をして切磋琢磨しながら、リハビリ科という専門性の高い診療科で知識や経験を積みたい医師も、福岡和白病院はおすすめです。

また福岡和白病院は、教育研修や海外交流にも力を入れています。医師の研修活動は国内だけではなく海外でも積極的に取り組まれていて、新人研修からベテランの研修まで、アメリカ、ドイツ、カンボジアなどの国の総合病院において定期的に研修が行われています。海外の医療にも触れてみたい人、語学に自信がある人などは、福岡和白病院なら大きなやりがいを感じることができそうですね。
福岡和白病院では、研修医のような若手医師からベテラン医師まで、優秀な人材を随時募集しています。医師の求人は病院の公式サイトでも行われていて、各診療科ごとにニーズに合わせて採用が行われています。公式サイトから直接応募しても問題ありませんが、自分の才能にあったお給料で採用されたい場合や、待遇や条件などで少し交渉したいなという場合には、転職サイトを活用して求人応募することもおすすめです。

雁の巣病院の医師採用事情

雁の巣病院では、精神科や心療内科を専門に取り扱っている病院。アルコール依存症やストレスの治療なども行っています。一つの診療科を専門としているため、病院の規模はそれほど大きくありませんが、精神科においては救急患者の受け入れも行うなど、精神科という診療科においては福岡市のエキスパートとして機能しています。

雁の巣病院の外来は、基本的にすべて予約制になっています。その為、そこで働く医師も、あくせくと多忙を極めるということは少ないようです。精神科という診療科の特徴なのですが、医師だけではなく、担当のソーシャルワーカーとチームになって患者さんの治療に取り組むことになります。患者さんと向き合う時間の他に、ソーシャルワーカーとの打ち合わせなども行われるので、医師としての知識や経験の他に、コミュニケーション能力も大切な仕事と言えるでしょう。

雁の巣病院では、提携している福祉施設もたくさん抱えています。デイケア、療養施設もあります。一人一人の患者さんの状態や症状に合わせて、適切な治療環境を提供することができるだけでなく、患者さんごとのペースに合わせた治療を行うことができるのも、雁の巣病院の大きな魅力と言えそうですね。 雁の巣病院の院内には、入院患者さんを対象とした歯科クリニックも内設されています。

浜の町病院の医師採用事情

福岡県におけるがん診療拠点病院としても認定を受けている国家公務員共済組合連合会浜の町病院。総合病院として機能しているだけではなく、癌治療、放射線検査、治験業務、癌における臨床研究にも積極的に取り組んでいる病院です。通常の健康診断や人間ドックはもちろん、万が一ガンと診断された場合にも、あらゆる治療の選択肢がこの病院で選択できるので、患者さんにとっても大きな安心感につながると、患者さんたちから高く評価されています。同時に、そこで働く医師にとっても、患者さんを他の病院に紹介するのではなく、病院内で患者さんを最後までケアすることができるのは、やりがいや達成感を実感できる職場環境と言えるのではないでしょうか。

国家公務員共済組合連合会浜の町病院では、若手医師の育成にも積極的に取り組んでいます。病院の公式サイトでは、新人看護師や新人研修医、臨床研修医などの求人募集も随時行われていますし、医師としての経験が浅く、まだまだ自信が持てない医師にとっても、自分のレベルに合った職務をこなしながら先輩医師たちから知識や経験、技術を学ぶことができる絶好の職場と言えるのではないでしょうか。医師の求人の多くは、知識も経験も十分にあるベテラン医師が対象になっていることも多いのですが、この病院のように若手医師の採用に力を入れている場所なら、研修医にとっても嬉しいですね。

原土井病院の医師採用事情

気候が温暖な福岡では、緩和ケアや在宅ケアも人気があります。長期に治療が必要な場合でも、病院の中でずっと生活するよりも、自宅で家族に囲まれて生活するほうが気持ち的にはずっと明るく過ごすことができますよね。原土井病院では、そんな在宅ケアを選択する患者さんたちを積極的にサポートしています。 原土井病院が取り扱う診療科は、緩和ケア、リハビリテーション科に加え、睡眠外来もあります。睡眠外来は総合病院にもなかなか設置されていない特殊な診療科で、不眠症はもちろん、なかなか眠れない人、眠りが浅い人、朝起きた時に疲れが取れていない人など、睡眠に関するトラブルを抱えている人におすすめの診療科です。人間は眠っている間に疲れやストレスが解消されますし、内臓器官や代謝器官のダメージや疲れもリセットされます。眠りが浅いと新陳代謝が正常に行われないため、全身のあらゆる部分にトラブルが現れてしまうわけですね。

リハビリテーション科と緩和ケアは、症状や状態によっては入院することも可能ですが、基本的には外来での治療がメインとなります。基本的に完全予約で外来を受け付けているので、原土井病院で働く医師も、大学病院や大規模な総合病院のように朝から晩まで数えきれないほどの患者さんを診察するということはないようです。マイペースで一人一人の患者さんにじっくりと時間をかけながら治療を行うことが可能です。

入院を希望する患者さんも中にはいます。そのような場合には、病床の空き具合などによっても入院できるかどうかが変わりますが、すぐに入院が必要な状態でなければ、病床があくまで待機してもらうこともあるのだとか。自宅でではなく病院で治療を受けたいという患者さんが多いことは、病院が信頼されている証拠。原土井病院で仕事をする医師は、患者さんとの人間的な信頼関係を築きやすい職場環境にあるので、大きなやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

原三信病院の医師採用事情

明治16年に設立されていたり、長い歴史の中で地域住民の健康を守り続けてきた医療法人原三信病院。内科や外科、整形外科、泌尿器科、婦人科などの一般的な診療科はもちろん、総合診療科、SAS、放射線科のように特殊な診療科なども設置されています。また、専門外来にも力を入れていて、胆石症外来、乳内分泌外来、ストーマ外来、不妊外来、ED外来、尿失禁外来、神経泌尿器外来、物忘れ外来、生活習慣病外来、女性泌尿器科外来、CKD外来、フットケア外来、ハイパーサーミア外来、移植外来、腎移植外来など、たくさんの診療科がずらりと設置されています。こうした特殊外来を設置している総合病院も少なくありませんが、ここまで充実した特殊外来がずらりとそろっているのは、医療法人原三信病院ぐらいではないでしょうか。こうした特殊外来で専門的な知識や技術を身に着け、多くの症例を経験したいという医師にとっては、医療法人原三信病院はまさに大きなやりがいと達成感を感じられる職場と言えるでしょう。

医療法人原三信病院では、総合病院の中では珍しくレーシックの日帰り手術も行っています。レーシックの治療は日本国内ではまだまだ歴史が浅く、専門性を追求しながらも先輩医師の指導を仰ぎたいという人も少なくありませんよね。患者さんにとっても、万が一のトラブル時にも対応してもらえる総合病院でレーシックを受けたいという人は多く、患者さんの数も増えているようです。 医療法人原三信病院ではまた、治験業務も行っています。治験とは、新薬を使用した最先端の治療を行い、その効用や副作用などを観察するという業務ですが、総合病院の中でも大規模な病院でなければ治験業務は行われていないことが多いものです。治験業務に携わりたいという医師にとっては、医療法人原三信病院なら新しい経験もできるのではないでしょうか。

疋田病院の医師採用事情

疋田病院は福岡市東区香椎にある精神神経系の病院で、利用者のほとんどは精神系の疾患または神経障害などを持つ方々となっており、そういった患者たちの癒やしや療養を目的とした医療施設となっています。病床数は全体で240床以上、そのうち約半分が精神療養病棟となります。主に精神疾患で外来診察を受け、その後医師の判断によって入院に必要性がある場合に療養病棟にて入院することになり、そのため医師は的確に外来診察にきた患者の症状の度合いや社会生活への支障の度合いなどを把握し、入院の必要性があるのか、それとも抗うつ剤や通院による認知行動療法を行うべきなのかなどを迅速に判断する必要があります。

疋田病院の利用者の意見では、非常に閑静で、ゆったりと静かに過ごすことのできる施設であり、自然と社会への復帰が可能になる施設であるとしています。また利用者の年齢層も20代から60代以上の高齢者まで幅広く、症状も重度な方は入院を余儀なくされるため、少ない医師の数で彼らに適切に対応を行なっていくことが医師に求められます。また精神保健福祉士などと協力して療法を提案・実施していくことになるので、チームとしての行動も不可欠となります。その場においてしっかり指揮をとることができるリーダーシップも求められます。 病院自体は福岡市内よりも少し離れた場所にあります。ですから、福岡市に自宅がある場合通勤時間が少しかかりますが、寮なども完備されているので、福利厚生の面でも優遇された病院であるといえます。

金隈病院の医師採用事情

福岡において療養型病院として機能している医療法人相生会金隈病院は、一人一人の患者さんが落ち着いてリラックスできる環境の中でマイペースで治療を行うことができるロケーションに位置しているのが魅力の病院です。老人ホームやケアハウス、老人保健施設などの介護施設がたくさん隣接しているので、周辺施設との連携プレーで、患者さんにとって最適な治療環境を提供することができる病院です。

医療法人相生会金隈病院に設置されているのは、一般内科、歯科、そしてリハビリテーション科となります。これらはすべて入院患者さんを対象としている診療科なので、飛び込みで外来の患者さんがやってくるということはありません。その為、総合病院で見られるような、多忙すぎて患者さんの治療経過をじっくり観察することができないというジレンマは、ここでは経験する必要がありません。療養型の病院なので、一人一人の患者さんの入院期間は長く、医師や看護師などの医療スタッフも、一人一人の患者さんと向き合うことができるというのが、この病院で働く魅力なのではないでしょうか。

医療法人相生会金隈病院では、看護師の求人は随時行われていますが、医師の求人はなかなか見つけることができません。これは、少数精鋭で運営されている病院という特徴もありますし、やりがいを感じられる職場のために医師の離職率が低いということも原因となっているかもしれません。医療法人相生会金隈病のような療養型病院で仕事をしたいという人は、医師の離職のタイミングに合わせて求人情報を見つけることが大切になります。

新吉塚病院の医師採用事情

明るく過ごしやすい院内環境が患者さんにもスタッフからも好評な医療法人相生会新吉塚病院。この病院は、地域医療に積極的に取り組んでいる医療機関の一つで、健康診断や内科、リハビリテーション科など、地元の住民からのニーズが多い診療科を中心に設置しているのが特徴です。

医療法人相生会新吉塚病院に設置されている診療科は、リハビリテーション科、内科、神経内科、健康診断、そして特殊外来。地域の医療機関との連係プレーによって効率的な患者さんの受け入れを可能にするための取り組みにも力を入れているようです。周辺のクリニックからの照会で足を運んでくる患者さんも多いため、この病院で働く医師は、周辺にある個人クリニックの医師たちとのコミュニケーションも必要になると言えるでしょう。

医療法人相生会新吉塚病院は、外来も入院患者もどちらも受け入れています。救急病院ではないため、いきなり多忙を極めるほど忙しくなってしまうことは少ないようですが、少ない数の医療スタッフが少数精鋭で働いているので、大学病院のようにたくさんの先輩医師から丁寧に指導をしてもらうという職場環境ではないようです。医療法人相生会新吉塚病院の求人も、研修医より経験のある医師が対象となることも多いようですね。 医療法人相生会新吉塚病院の医師求人は、病院の公式サイトからも募集されています。常勤雇用の医師が多いようですが、日勤のみという求人もあるので、当直はNGという医師にはおすすめの職場と言えるかもしれませんね。医師求人の中でも、比較的求人募集されていることが多いのが、リハビリテーション科の医師。リハビリテーション科は診療科目としては確立されたばかりの新しい科目ということもありますし、医師としての経験があるだけではなく、専門医としての資格も必要になるため、まだまだ全国的に不足しているのが現状です。その為、医療法人相生会新吉塚病院をはじめとして、リハビリテーション科が設置されている病院では、医師求人も高待遇で募集している病院が多いようですね。

香椎原病院の医師採用事情

「手の暖かさが伝わる病院」をモットーにしてリハビリ医療に力を入れている香椎原病院。提携している介護施設や療養施設を持っているため、患者さんもニーズに合わせて医療機関や福祉施設、介護施設を利用することができます。 香椎原病院は少数精鋭で運営されている病院で、規模はあまり大きくありません。リハビリテーションをメインに取り扱っている病院なので、総合病院に設置されているような内科や外科などの一般診療科も設置されています。高齢者のリハビリをメインに絞り込んでいるので、リハビリテーションについて専門性を追求したい医師にとっては、理想的な職場と言えるでしょう。

香椎原病院は規模がそれほど大きくないので、一人一人の患者さんと時間をかけて向き合うことができる病院です。大学病院などでは忙しく駆け回ることが多いため、一人一人の患者さんと向き合う時間はほとんどありませんよね。しかし、香椎原病院なら高齢者のリハビリを通して患者さんとじっくりコミュニケーションを取ることもできますから、大きなやりがいを感じることができます。 香椎原病院では、リハビリテーションという診療科の特徴のため、医師や看護師だけではなく、介護や福祉業界に携わる作業療法士やケアマネージャー、ケアワーカーなどもたくさん働いています。そうしたスタッフの求人募集は、病院の公式ホームページから募集されることも多いようですが、医師の求人はなかなか見つけることができません。これは、常勤している医師の絶対数がとても少ないこともありますし、離職率が低いことも原因と言えるかもしれませんね。

川添記念病院の医師採用事情

川添記念病院は、心療内科と精神科を専門に取り扱っている病院です。病棟は患者さんの疾患や重度によって6つの病棟に別れていて、それぞれに医療スタッフがついています。精神科や心療内科というと、患者さんの入院期間が長期に及ぶケースも少なくありません。

もちろん、川添記念病院でもそうしたケースはたくさんありますが、この病院では作業療法と呼ばれるリハビリテーションにも力を入れていて、患者さんの社会復帰を積極的に応援しているのが特徴です。作業療法には、プラモデルや工作、陶芸などの創作活動だけではなく、ゴルフやゲートボール、風船バレーなどの運動系リハビリも充実しています。患者さんの病状や症状に合わせて適切なケアを提供しながら、一人一人の患者さんとじっくり向き合うことができる川添記念病院は、落ち着いた環境の中で働きたいという精神科医師にとっては、まさにおすすめの職場と言えるのではないでしょうか。

川添記念病院は、中規模病院です。福岡には川添記念病院のように精神科や心療内科のみを取り扱う中規模な病院も多く、それぞれに異なる雰囲気や環境の中で医療にとり組んでいます。川添記念病院では、近くに海も見えるため、患者さんがリラックスできることはもちろん、働く医師にとっても海を見ることで、日頃の疲れやストレスが癒されるのではないでしょうか。ノンビリとした穏やかな雰囲気の中で仕事をしたい医師にとっても、川添記念病院はおすすめの病院と言えるでしょう。

九州大学病院の医師採用事情

九州の中で最も規模が大きく最も多忙を極める病院と言えば、この九州大学病院ではないでしょうか。内科や外科、小児科、眼科など一般的な診療科はもちろん、小児歯科や歯科など、通常なら個人経営の歯科クリニックとして独立していることが多い診療科なども設置されています。また、心療内科にも積極的に取り組んでいる病院で、病床の10%近くは心療内科の病床となります。

医学部や歯学部をもつ九州大学が隣接している九州大学病院は、最先端医療を追及することができる大学病院。全国的に医師不足が深刻となっていますが、毎年新しく研修医を受け入れているこの大学においては、医師不足という言葉を感じさせないほど、多くの医師が働いています。医師免許を取得したばかりの新卒医師は、九州大学から研修医として挙がってくる人が圧倒的に多いため、この病院における医師の求人は、医師としての経験や知識、技術を持っている経験豊かな医師が対象になることも多いようです。

福岡市の中心にそびえたっている九州大学病院は、一人でも多くの患者さんを効率的に診察できるよう、たくさんの工夫が行われています。いつも大混雑している受付では、診療科系統ごとにブロック受付が設置され、診察を終えてから支払いまでにかかる時間が大幅に短縮されているのだとか。また、総工費1000億円をかけた建物には免震システムが採用されているため、万が一の地震の際でも、患者さんんも安心ですし、働く医師たちも安定した医療を提供できる環境が整っています。安定した高いクオリティの病院で仕事をしたい人にとっては、九州大学病院で働くことは理想的かもしれませんね。

九州中央病院の医師採用事情

公立学校共済組合によって運営されている公立学校共済組合九州中央病院は、東北や関東、東海、北陸など全国に系列病院を持つ公立病院として機能しています。福岡にある総合病院としては規模はそれほど大きくはありませんが、内科や外科、整形外科、形成外科、皮膚科、眼科など一般的な診療科はもちろん、精神科、放射線科、リハビリテーション科など専門性の高い診療科も内設されています。

公立学校共済組合九州中央病院の魅力は、全国に系列の病院を持っているという点ではないでしょうか。医師として仕事をする場合、キャリアアップや医師としての幅を広げたいなと思っても、働いている病院の外で仕事を見つけるのはなかなか大変なものです。リクルートドクターズキャリアなどの転職サイトを活用しながら、仕事と転職活動の両方に取り組まなければいけませんよね。しかし、全国に8つの系列病院を持っている公立学校共済組合九州中央病院なら、いろいろな事情やキャリアアップなどで別の系列病院へ異動することも可能です。系列病院なら「転職」ではなく「異動」という扱い方になるので、まったく違った雰囲気の中で仕事をしながらキャリアや可能性を伸ばすことが可能です。

九州医療センターの医師採用事情

福岡において災害拠点病院にも指定されている九州医療センターは、大規模な総合病院です。国立病院なので、医局を通してのアルバイトなどは一切なく、医師の求人も常勤勤務が多いようです。福岡ドームに隣接しているという絶好のロケーションのため、野球選手の来院も多いのだとか。

地域医療に力を入れながらも最先端医療に積極的に取り組む九州医療センターでは、内科や外科などの一般的な診療科はもちろん、血管外科や脳神経外科、放射線科など専門性が高い特殊な診療科なども設置されています。大規模な病院なので、医師求人も研修医レベルの新人医師からベテラン医師まで、幅広いレイヤーの医師がたくさん働いているので、どのレベルの医師でも経験や知識を積み重ね、医師としてのキャリアを追及することができる理想的な職場と言えるでしょう。

九州医療センターはまた、ユニセフから「赤ちゃんに優しい病院」という認定も受けています。その為、産科の患者さんも多く、産婦人科医にとっては、たくさんの症例を短期間に経験することができる職場と言えるでしょう。福岡は全国の中でも有数の「産院が充実している市」として知られています。この九州医療センターでも、殺人的に多忙を極めるような忙しさの中でてんてこ舞いに働くのではなく、患者さん一人一人と向き合いながら、母体と新生児のケアを行うことができます。やりがいや達成感を求める産婦人科医にとっても、九州医療センターは働きやすい職場と言えるのではないでしょうか。

永野病院の医師採用事情

医療法人永野病院は福岡市内にある地域密着型の介護施設病院として、療養型の病棟を持つ医療施設となっています。病院を利用できる方は長期での療養が必要な要介護者の方であり、永野病院では施設サービス計画に基づいたリハビリや機能訓練、および療養上の管理・看護・介護、そして医療サービスを実施しています。これらを通じて、療養している利用者が日常生活でも支障がなく、個々の能力に応じた自立生活を送ることが出来るようサポートする、そういった目的をもって医師や看護師、療法士、介護師が1つのチームとして一丸となって医療サービスを提供していくことになります。

医療法人永野病院は福岡県福岡市博多区にあるため、比較的アクセスもしやすいです。また利用者の家族へのケアも徹底しており、常に利用者そして家族の意見を尊重した方針を立て、評判もよい医療施設です。医師にとってはリハビリテーションや要介護認定を受けた高齢者の方々のケアなどを通じて、リハビリ科の専門医取得を目指したり、またはケアプラン作成時の指示や助言などを行ったりすることで、より適切な介助プラン・機能訓練の実施を実現ができるなど、高齢者医療への大きく貢献することができるでしょう。

また医療法人永野病院を始めとして療養型の介護施設では、医師は比較的ゆるやかに勤務することができ、精神的にも安定して仕事が行えます。もちろん十分な臨床経験を得ていることが条件とされており、その理由としては常勤の医師が一人だけとなるケースも多く見られるためであり、利用者の容態が急変した時などに迅速に対応・処置を行うことができる能力があることが大前提となります。しかしながら療法士の方々と連携して無理のないプログラムで日常生活への復帰を目指す施設であるため、ルーチンとしての業務をきちんと遂行することができればそこまで難しいものではない、といえるでしょう。

済生会福岡総合病院の医師採用事情

外観はまるで高級ホテルのようないでたちの済生会福岡総合病院。野球選手やセレブ達が入院することでも知られているようですが、中規模の総合病院です。この病院は地域がん診療連携拠点の病院にも指定されているため、癌という疾病について専門性を追求したい医師にとっては、大きなやりがいを感じることができる病院と言えるのではないでしょうか。

済生会福岡総合病院のがん診療には、目を見張るほど充実したプログラムやシステムが確立されています。外来において化学療法を行うことも可能ですし、他の病院でがんと診断された患者さんに対してセカンドオピニオンを行う診療も行っています。また、緩和ケアやがん相談支援センターなどにも力を入れているので、癌という疾病の発見から治療方針の選択、治療、緩和ケアまで、幅広い工程において医療を提供することができます。

多くの総合病院では、それぞれ治療方針によって異なる診療科を受診しなければいけなかったり、場合によってはかかりつけの病院で治療を受けることが困難で他の病院に行かなければいけなかったり、いろいろ不便な点も多いですよね。しかし、済生会福岡総合病院なら、一つの病院内ですべてのケアを受けることができるので、患者さんにとっても大きな安心感につながりますし、そこで働く医師にとっても、一人の患者さんのケアに携わることができるという大きなやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

たたらリハビリテーション病院の医師採用事情

たたらリハビリテーション病院は公益社団法人福岡医療団の病院で、急性期病状からの回復期リハビリテーションを行う病棟と、自宅への退院を目的とした療養型の病棟が並立する医療機関です。病院形態としては療養型および回復期、そして緩和ケアをメインとして行うものとなっています。なお急性期病院としては千鳥橋病院をもっており、この病院を通じて急性期から在宅医療までを一貫して、継続して行うことが可能です。このため急性期での診療・治療に関しては千鳥橋病院の医師が担当することになり、たたらリハビリテーション病院ではそこから紹介等を受けて療養期の治療方針および回復期リハビリテーションにおけるプログラムの考案・実施を行うことになります。また終末期医療および認知症ケアにも力を入れているため、今後緩和ケア医を目指す方、または緩和ケアや認知症学会に参加して、終末期医療や高齢者医療についてしっかり学んでいきたいという医師の方が、多く働くことを希望する施設のようです。

若久病院の医師採用事情

福岡市の南区に位置する若久病院は、昭和8年からずっと精神障害者のケアを専門に取り組んでいる病院です。精神に障害を抱えている人たちの健康と治療を行うだけではなく、患者さん本人と家族にとって最適な治療方法でケアを行うことに力をいれている病院です。特定の診療科のみを取り扱う病院で、これだけの数の病床を持っているということは、福岡市でも比較的珍しいと言えるでしょう。病床の数が多いため、精神科や心療内科などを専門とする医師の数も多く、こうした分野で専門性を追求したい医師にとっては、やりがいや達成感を実感できるとともに、医師としての知識や技術、患者さんとの向き合い方などを、たくさんの症例を経験することによって学ぶことができる職場と言えるのではないでしょうか。

北海道で人気の医師採用先一覧

愛育病院の医師採用事情

小児愛育協会に付属している病院は全国にたくさんあるため、愛育病院も東京や福井県など、全国にたくさん存在しています。北海道の札幌にある愛育病院も、そんな財団法人小児愛育協会付属の病院です。この病院では他の総合病院と同じように、入院患者も外来患者も受け入れていますが、他の病院と少しだけ異なるのが、土曜日にも外来診察をおこなっているということ。その為、外来担当の医師は、土曜日にも仕事をすることになる可能性が高いことを理解しておくとよいでしょう。土日は絶対に休みたいという場合には、別の病院を探す方がいいかもしれません。

愛育病院では、地域住民の医療に力を入れているため、高度先進医療や、高価な医療機器が必要になるような診療科は設置されていません。設置されているのは内科、消化器内科、循環器内科、外科、整形外科、小児科、麻酔科、リハビリテーション科など。その中でも特に地域から高く評価されているのが、血液内科という診療科です。 血液内科は、生活習慣病の患者が増えるにつれてニーズが高まってきた診療科で、独立した診療科として確立されたのは、それほど昔ではありません。それまでは各診療科の医師が血液検査も兼ねていましたが、血液のスペシャリストになるための経験や知識、技術を積みたい人なら、愛育病院の血液内科への転職を目指すのも良いのではないでしょうか。

東札幌病院の医師採用事情

東札幌駅から徒歩3分という駅近なロケーションが魅力の東札幌病院。地域住民の医療を徹底的にサポートする心強い病院としても知られています。内科や外科を中心として一般的な診療科が設置されていますが、最先端医療機器が必要になる放射線治療科や化学療法科なども設置されているので、患者さんのニーズに応じで様々な治療を行うことができるのも、この病院の魅力と言えるでしょう。

東札幌病院では、健診にも力を入れています。通常の健康診断をはじめとして、人間ドックや乳がん検診、特定健診なども受けることができるので、予防医療にも積極的に取り組んでいる病院と言えるでしょう。この病院で働く医師には、常駐の医師だけではなく、非常勤の医師もたくさんいます。特に、外来の医師は非常勤で働くことも多いですし、健康診断のみを担当する医師などもいます。健康診断と言っても病院での健康診断なので、学校や企業で行う集団検診のように研修医でも任せられるようなものではありません。東札幌病院では、ニコチン依存症のような中毒症や依存症なども取り扱っていますし、糖尿病を専門に取り扱う糖尿病内科もあります。こうした診療科が設置されている病院はまだまだ少ないので、パイオニア的な診療科として、東札幌病院で知識や経験を積むことも可能ですね。

札幌東徳洲会病院の医師採用事情

「患者様の安心」をモットーとして、平日はもちろん、土曜日も外来を行っている札幌東徳洲会病院。ベテラン医師の転職はもちろん、初期臨床研修医や後期臨床研修医など若手の研修医も積極的に受け入れている総合病院として人気があります。札幌東徳洲会病院には、内科や小児科、外科、眼科、皮膚科、整形外科など一般的な診療科はもちろん、再生医療外来、リハビリテーション科、炎症性腸疾患センターなど特殊な診療科も設置されていて、トータルで26科目の診療科を取り扱っています。若手医師からベテラン医師まで数多くの医師たちが連係プレーで仕事をしているので、経験が少ない医師でもクオリティの高い技術や知識を身につけることが可能です。

札幌東徳洲会病院では、地域の個人クリニックとの連係プレーによって、医療業務の効率化を図るとともに、地域医療の充実化にも積極的にかかわっています。その為、この病院に足を運ぶ患者さんの多くは、すでに付近の個人クリニックにおいて病名を診断されていることも多く、より専門的な医療を受けるために札幌東徳洲会病院へ足を運ぶというケースも少なくありません。北海道に限らず、総合病院の慢性的な大混雑ぶりが問題になっている昨今では、そうした医療の効率化を図る病院も増えているのです。最先端の医療を行いながらも、地元に密着したケアを目指したい人にとって、札幌東徳洲会病院は理想的な職場環境になるかもしれませんね。

北海道大学病院の医師採用事情

北海道大学病院は、北海道の中でも有数の病院。診療科の種類もとても充実していて、一般的な内科や外科、整形外科、麻酔科、小児科、耳鼻科、皮膚科、産婦人科などの診療科はもちろん、放射線治療科、核医学診療科、ICU、NICU、高度無菌室、リハビリテーション科、スポーツ医学診療科など、一般的な総合病院には設置されていないような診療科や、高額な医療機器が必要で専門性の高い診療科なども設置されているのが特徴です。

北海道大学病院は医学部がある北海道大学が併設されているため、医学を学ぶ学生はもちろん、若い研修医からベテラン医師まで、多くの医師が働いています。医師としての経験や技術を磨くには理想的な職場環境が整っていますし、病床も大規模で多くの症例を直接経験できるということもあり、この病院で仕事がしたいという医師は多いですね。そのため、医師の求人募集が出ると、多くの人が応募して、かなりの激戦となることも予想できます。

また、北海道大学病院では他の医療機関への派遣も積極的に支援しています。仕事をしながら更なる収入アップを目指したい人や、転科を希望している医師にとっても、病院が医師のバイトを支援してくれたり、派遣を積極的にサポートしてくれるのは心強いですね。道内でも有数の北海道大学病院では、医局を通して紹介してもらえるアルバイトも高待遇のものばかり。転職した後にもさらに収入をアップする選択肢がたくさんある魅力的な職場です。

手稲渓仁会病院の医師採用事情

急性期総合医療に力を入れている手稲渓仁会病院は、外来患者や入院患者はもちろん、在宅サービスという新しい医療の形にも積極的に取り組んでいます。在宅サービスは系列の訪問看護ステーションが取り扱っていますが、入院している患者さんにとっては、長期間入院を続けるという以外にも在宅看護の選択肢があることによって、大きな安心感を得られるのではないでしょうか。地域住民に対してベストな医療を提供できる手稲渓仁会病院では、内科や外科、循環器科、消化器科、呼吸器科、心臓血管外科、小児科、皮膚科、産婦人科など、トータルで20科目の診療科が設置されています。放射線診断科、放射線治療科、腫瘍内科、腎臓内科など、専門性が高く高額な医療機器が必要になる診療科も設置されているので、こうした専門知識や経験、技術を学びたい医師にとっても、ぜひおすすめの転職先と言えるでしょう。

手稲渓仁会病院では、救命救急医療にも力を入れています。札幌市内にはほかにも救命救急科を持つ大規模な病院はたくさんありますが、その中でも集中治療室において病床を持っている手稲渓仁会病院は、地域ではトップレベルを誇っています。救急車の受け入れはもちろん、ドクターヘリが運航していることもあり、毎日忙しく医療をおこなっています。救命救急において専門的な知識や技術を身につけたい人は、手稲渓仁会病院なら短期間でも多くの症例を経験することができるので、医師としての技術力も格段にアップすることができるのではないでしょうか。

KKR札幌医療センターの医師採用事情

札幌市内において最先端の医療を提供している病院の一つに、KKR札幌医療センターがあります。KKR札幌医療センターでは、内科や外科、小児科、耳鼻科、皮膚科、整形外科などの一般的な診療科が設置されているだけでなく、小児アレルギーセンターや、乳腺外科など特殊な治療科も設置されています。こうした診療科はなかなか見つけることができない専門性の高い科目なので、その分野で知識や経験、技術を学びたいという人にとっては、KKR札幌医療センターはぜひおすすめの病院なのではないでしょうか。

KKR札幌医療センターには、人間ドックやストーマ外来、血液浄化センター、睡眠時無呼吸症候群などの治療にも積極的に取り組んでいます。予防医療から治療医療まで、一つの病院ですべてを担当してもらえることは患者さんにとっても心強いですし、そこで働く医師などのスタッフにとっても、患者さんを最後までケアして無事に退院してもらうまで見届けることができるので、大きなやりがいを感じることができるのではないでしょうか。KKR札幌医療センターの医師求人は、病院の公式サイトで随時募集されています。大規模な病院なので優秀な医師はいつでも大歓迎ということもあり、全ての診療科目において募集が出ていますが、応募条件に年齢制限があるので、もしそれなりキャリアや年齢を重ねた人が転職を考えている場合は、よく考慮してから応募したほうが良いでしょう。

NTT東日本札幌病院の医師採用事情

NTT東日本札幌病院は、札幌の中央区という都会の中に位置する民間病院として機能しています。診療科もとても充実しているので、いつもロビーは外来の患者さんでにぎわっているようですね。 NTT東日本札幌病院は、札幌医科附属病院の隣にあるため、初診でやってくる患者さんの中には、どちらか空いている方を選んで足を運ぶ人も多いようです。どちらの病院も多忙を極めるので、医師のニーズも絶えることなく、随時求人募集がかかっています。忙しい職場環境の中で、多くの症例を経験しながら短期間で医師としての知識や経験、技術を積みたいという人にとっては、この病院はまさに理想的な職場環境と言えるのではないでしょうか。

NTT東日本札幌病院には内科や外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、小児科などの一般的な診療科も設置されていますし、リウマチ科など、特殊な診療科目も設置されています。また、札幌市内には血液内科や心臓血管外科など血液系の診療科を持つ総合病院も多いのですが、この病院でも設置されています。これから増えてくると予想される血液内科や血管外科で経験や知識を積みたい人にも、この病院はぜひおすすめです。

札幌医科大学附属病院の医師採用事情

医学部が設置されている札幌医科大学を併設し、毎年多くの優秀な若手医師を世の中に輩出している札幌医科大学附属病院。北海道の札幌にある総合病院の中でも患者さんからも働くスタッフからも人気が高い病院です。この病院では、大学病院という高い専門性を追求する医療機関の役割りをストレートに追及できる診療科がずらりとそろっています。内科、外科、呼吸器外科、整形外科、産婦人科、小児科、眼科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、神経精神科など、大規模な総合病院に入っている診療科なら、札幌医科大学附属病院でも見つけることができます。その他にも、歯科口腔外科、神経再生医療科、放射線治療科、リハビリテーション科など、専門性が高い診療科や、通常なら大学病院ではなく別の施設となっていることが多い診療科なども、全て一つの病院の中に設置されています。札幌医科大学附属病院で働く医師にとっては、どのような専門性を追求したい人でも、病院の中でベテラン医師の指導を仰ぎながら経験と技術を身につけることができる理想的な病院と言えるのではないでしょうか。

また、癌や腫瘍、肝疾患、脳梗塞など生活習慣病とかかわりがある疾病についての相談センターや健診、治療にも積極的に取り組んでいます。日本人の国民病とも言われている生活習慣病は現在でもたくさんの人が抱えている疾病ですし、これからもどんどんその数は増えていくことが予想されます。生活習慣病と関係のある診療科や治療についての経験を学びたい医師にも、札幌医科大学附属病院は絶好の職場と言えそうですね。

さっぽろ香雪病院の医師採用事情

総合病院の多くは、内科や外科、整形外科、皮膚科、眼科などの一般的な診療科がずらりと設置されていることが多いのですが、さっぽろ香雪病院では、精神科や心療内科など、心の病気に特化した診療科を専門に取り扱っている病院です。特定の診療科のみを取り扱っている病院で、病床も相当数抱えていることは周辺地域では珍しいものです。そのため、札幌周辺もしくは北海道において精神科や心療内科を専門にしたい人は、さっぽろ香雪病院がぜひおすすめです。多くの症例を直接経験することができるので、精神科の医師として経験や知識、質の高い技術を身につけることができるようになります。

また、さっぽろ香雪病院では精神科における救急病棟も設置されています。救命救急科は全国の総合病院にたくさんありますが、精神科のみの救急科が設置されている病院は、あまり多くありません。長期入院が多い精神科において、救急科が設置されてあらゆる症例に対応できるのは、さっぽろ香雪病院の大きな特徴と言えるでしょう。2006年から行われているQC活動は、全国の病院の中でも特に優秀だと評価されているほど。精神科を追及したい医師にとって学ぶ機会が多くありますね。

求人情報を見てみると、精神科を専門とする医師の募集が随時行われています。若手や研修医といった経験の少ないレベルの医師でも募集がかかることもあるのですが、多くの求人は、ある程度経験のある医師が対象になっていることが多いですね。病院の公式サイトから求人情報を入手することも可能ですが、直接応募する場合は待遇面や条件においての交渉もすべて自分自身で行うことになります。 精神科における経験のある医師の求人が多いさっぽろ香雪病院ですが、研修医レベルの求人もたまに出ます。タイミングよく見逃さずに応募するためには、転職サイトの通知機能などを利用するのもおすすめです。

札幌厚生病院の医師採用事情

北海道の札幌市内にはたくさんの総合病院があります。大学病院や国立病院、公立病院、市立病院など、様々な種類の病院が小規模なものから大規模なものまでありますが、札幌厚生病院も病床を519も抱える大規模な病院です。大規模な病院の多くは、専門性の高い医療を追及することが多いのですが、この病院では専門的な医療ケアはもちろん、地域住民のニーズに合わせた医療活動にも積極的に取り組んでいます。

札幌厚生病院に設置されている診療科には、内科や外科、小児科、整形外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻科、眼科、消化器科など一般的な診療科がずらりと並びます。その他にも、糖尿病内科、リハビリテーション科、化学療法内科、血液内科、緩和ケア内科など、専門性が高く、生活習慣病が心配な日本国民にとっては心強い診療科なども設置されています。こうした診療科で専門性を追求したい人なら、札幌厚生病院は理想的な職場環境と言えそうですね。

札幌厚生病院には、他の総合病院ではなかなか見ることができない特殊な診療科も設置されています。例えば、体外受精を行う不妊症外来や、人工透析室など。不妊症はあまり大きくメディアで取り上げられることはありませんが、男性も女性もストレスまみれな昨今においては、不妊で悩むカップルも多く、ニーズが高い診療科。全国的に不妊症外来が設置されている病院は少ないので、この分野での経験や技術を積みたい人なら、ぜひ札幌厚生病院がおすすめです。

札幌厚生病院は国立病院なので、常勤でも非常勤でも医師求人を見つけることができますし、入職の条件や待遇なども交渉次第でアップすることも可能です。しかし、転職前に収入の交渉はなかなか気が引けますよね。リクルートドクターズキャリアなら、そうした気を遣う交渉などもすべて代理で行ってくれます。自分の能力を最大限に待遇に反映させて転職することができるので、満足度の高い転職が可能になります。

市立札幌病院の医師採用事情

優秀な医師の獲得に積極的に取り組んでいる市立札幌病院では、医師の求人募集もいろいろな所で見かけることができます。この病院は札幌市が運営している公立病院ですが、救命救急センターをはじめ、血液内科、女性専門外来、糖尿病内科、フットケア外来、乳腺専門外来、腎臓移植外科、リウマチ内科、セカンドオピニオン外科など、一般的な総合病院では設置されていないような診療科がたくさん設けられているのが特徴です。日本においては確立されたばかりの新しい診療科もあるので、国内における新しい診療科のパイオニア的な経験や症例を経験できる理想的な職場と言えるかもしれませんね。 時代の流れを敏感に察知して、病院の体制もフレキシブルに対応している市立札幌病院は、「名医がいる病院」としても知られています。大規模な総合病院として機能いるだけでなく、地元の人のニーズに合った診療科がすべてワンストップでそろっているのも、この病院の魅力と言えそうですね。

市立札幌病院での医師求人は、多くの転職サイトで取り扱われています。研修医レベルで経験が少ない医師でもOKな求人募集もあれば、役職に就けるぐらいの技術と経験を持っているベテラン医師を対象とした求人募集も充実しています。たくさんの求人データベースの中から自分にピッタリの仕事をスピーディに見つけるためには、やはり転職サイトを活用したほうがよいでしょう。

北海道社会保険病院の医師採用事情

札幌市民の地域医療に積極的に取り組んでいる北海道社会保険病院。内科や外科、泌尿器科、皮膚科、整形外科、耳鼻科、眼科など一般的な診療科も設置されていますが、心臓血管センター(心臓内科、心臓血管外科)や消化器センター(消化器内科、消化器外科)、呼吸器センター(呼吸器内科、呼吸器外科)、周産期医療センター(産科、新生児科)など様々な診療科に力を入れている総合病院として知られています。こうした診療科で専門的な知識や技術、経験を積みたいと考えている医師なら、ぜひ北海道社会保険病院への転職がおすすめです。

北海道社会保険病院の医師求人は、病院の公式サイトでも募集されていますし、転職サイトを利用する方法もあります。病院の公式サイトで募集されている医師は、ニーズに応じて診療科や必要な医師の数などは異なりますが、非常勤や常勤など、様々な雇用形態での募集が行われているので、自分の希望する働き方で仕事を見つけることも可能です。ちなみに、常勤の場合には当直なしという条件で転職することも可能ですが、それぞれの求人募集によって異なるかもしれません。自分の希望する働き方に合ったものを探しましょう。

札幌徳洲会病院の医師採用事情

24時間救急医療を行うだけでなく、道内でも最先端医療を取り入れている札幌徳洲会病院。大規模で最先端医療を行う病院は道内にも札幌市内にもたくさんありますが、その中でも大病院では珍しい「日帰り手術」を行っているのは、札幌徳洲会病院だけなのではないでしょうか。ここで行われている日帰り手術はエキシマレーザー近視矯正手術。レーシック手術の一つですね。レーシック手術を受ける患者さんも全国的に増えていますが、やはり医師の技術力や後遺症などは心配なもの。できれば、同じ先生が手術前から後まですべてを担当してくれる大きな病院の方が安心度が大きいものです。札幌徳洲会病院は、そんな患者さんのために、日帰りで近視矯正手術を受けることも可能です。眼科ドクターも多数求人募集がされているので、設備が完備された医療機関でレーシック手術の技術や症例、経験を学びたいという医師にも、ぜひおすすめの病院です。

救急車はもちろん、ドクターヘリもやってくる札幌徳洲会病院は、大規模な総合病院として機能しています。内科や外科、消化器科、小児科、産婦人科、皮膚科、呼吸器科など一般的な診療科ももちろん設置されていますが、救急診療の先を受け持つプライマリー科という総合診療科も設置されています。一つの専門的な知識だけはなく、幅広い診療科における知識や経験、技術を積みたいという医師には、ぜひプライマリー科がおすすめです。 札幌徳洲会病院の医師求人は、病院の規模も大きく医療設備も充実しているため、いろいろな方法で応募することができます。病院の公式サイトからでも、経験のある医師はもちろん、研修医でも求人に応募できますし、診療科別、付属の健診センターや在宅診療科など特殊な診療科でも応募できます。

中小企業の医師求人は少ない!転職情報を把握する方法は?

中小企業の医師求人の見つけ方はいくつありますが、一般に見つけにくいです。求人の数が少ないですし、募集が行われたらすぐに採用が決まってしまいます。中小企業の医師求人の中で特に多いのは、産業医の仕事です。そこで働く人たちの健康を守るものです。身体的な健康はもちろんのこと、精神の健康を守ることが求められています。いわゆるメンタルヘルスです。国も企業が従業員の心の健康を守るように指針を出しています。規模の小さなところの場合は専属で働くというより非常勤の仕事になります。報酬はそんななに高くないのでこの仕事だけで生計を立てるのは難しいのですが、医師としての生きがいを感じられるでしょう。

また認定産業医になれば企業に採用されるときに有利になります。産業医の学会があるので学会とのつながりから仕事を紹介されることもあるかもしれません。ちなみに従業員が50人以上いる会社は産業医を置くことが法律で定められています。地域の中のいろいろな組織とつながりを持っておけば、中小企業の医師の仕事を紹介されることもあるでしょう。規模の小さな製薬会社が医師を募集することもあります。こちらの求人の数は少なめです。効果的な見つけ方も少ないです。

中小企業の医師求人を見つけるときには医師の転職サイトが役に立つことがあります。やや特殊な仕事なのですが、特殊なものほど転職サイトは得意とすることが多いです。医療機関や製薬会社、さまざまな企業とつながりを持っているので、いろいろな種類の求人情報が集まりやすいのです。また条件の良い産業医の仕事だったら、非公開求人になる可能性があります。公開されない情報を知るのは難しいですが、転職サイトに登録していたらその詳細を知ることができます。

転職サイトにはキャリアコンサルタントが在籍しています。コンサルタントの手を借りて、このタイプの仕事を探すことも可能です。コンサルタントはいろいろなところにつながりを持っており、この種の仕事の見つけ方も知っています。さまざまな転職サイトがありますが、規模が大きくて全国的に活動しているところがお勧めです。転職サイトの中には都市部の求人に力を入れているところもありますが、そんなところよりは全国に支社を持っているところが良いでしょう。それからコンサルタントの能力も問題になります。豊富な情報を持ち、きめ細かなサポートをしてくれるリクルートドクターズキャリアのような転職サイトがお勧めです。

放射線科医に多いストレスランキング

放射線科医が感じやすいストレスとして、よく言われるのが目の疲れからくる疲労です。放射線医にとって画像診断は非常に重要な仕事です。しかし、画像を見る時は、ライトの光を利用して見るのが従来のやり方ですし、現在増えているモニターによる診断にしても、明るい画面に注意深く目を凝らさなければなりません。しかも、現在のようにデータでのやり取りがパソコンを使って簡単にできるようになると、放射線科医は画像の取り寄せや所見の記述などもすべてデスクに座って画面を見たまま出来るようになり、結果的に画像診断をする時間になると部屋にこもってひたすら画面を見続けることになりました。そのため、目はさらに疲れやすくなり、場合によっては画面酔いを起こすこともあります。カルテの取り出しや、放射線技師との確認など、多少なりとも合間に体を動かして視界を変えていた作業がないことで、知らず知らずの内にストレスを溜めやすくなっているのです。しかも、こうした作業はひたすら椅子に座って行うことが多く、人によっては座骨神経痛を発症するケースもあります。また、MRIなど、大きな音を出す装置の近くでの作業が多いため、音が気になるという人もいます。

さらに、放射線科医はIVRの処置を行うことはあるものの、業務の大半が患者さん本人ではなく、画像を見ながらの診断や処置です。そのため、一般的な医師のモチベーションとなりやすい患者さんからの「ありがとう」の一言を聞くチャンスもほとんどありません。そのため、日々の仕事の中でやりがいを感じにくいという医師も少なくないのです。

また画像診断で万が一見落としなどがあると、それは患者さんの生死に直結する場合もあります。画像診断は、決して簡単な作業ではなく、微妙な画像から診断を下すにはかなりの勉強と経験が必要になるのですが、それでも一般的には「出来て当たり前」の世界ですから、放射線科医は1枚1枚集中して画像診断を行うことが求められますし、責任も重大です。さらに、診断を行う部位は体全体にわたりますから、あらゆる病気の知識を身につけなければなりません。もちろん、なかなか気づかないような難病を指摘した場合などは、人の役に立つ実感もできますが、そのためには気の遠くなるような勉強をしてあらゆる症例を頭に入れる必要があるのです。そして、その割には病院内や世間からの評価も明確に高いわけではないので、割に合わない、と思う放射線科医もいるのかもしれません。ですが現在人数も不足しているといわれていて、今後さらに増加していくことが期待されるのが放射線科医の仕事です。

放射線科医のやりがい

放射線を使用した診断・治療を行う放射線科。がん治療のみならずさまざまな病気に高い効果を発揮することで需要が高まっています。技術の進歩や副作用のリスクの低下などもあり、新たに放射線科を設置する医療機関も増えている状況です。その一方、放射線科で働く放射線科医はなかなか患者と接する機会が少ないこともあり、どんな仕事をしているのか、どれだけ重要な役割を担っているのか、今ひとつ見えてこない面もあります。

では放射線科医のやりがいはどのようなものなのでしょうか。まずあげられるのが「これまで発見されなかった病気を見つけることができる点」。放射線診断によって従来の検査方法では早期発見がなかなか難しかった病気を確認することができるようになりました。放射線技術の進歩はもちろんですが、放射線科医の適切な画像診断と判断が大きくものを言うのです。がんのように初期段階の治療が大きくものを言う病気の場合、この点は非常に重要な意味を持ってきます。直接治療行為に携わるわけではないにしろ、「深刻な病気を未然に防いだ」という達成感・満足感は他の診療科の医師には味わえないものでしょう。

放射線科医のやりがいはこれだけではありません。放射線科の分野は技術の進歩が目覚しく、医師はつねに最新の医療に対応し、研鑽を積み重ねていく必要があります。診療科目によっては毎日同じような仕事の繰り返しでルーチンワークにおちいってしまっている医師の話も聞きますが、放射線科医はつねに向上心とスキルアップへの意欲を持ちながら仕事を続けていくことができます。また、画像診断ではインターネットなどを利用して勉強することができるため、毎日の忙しい業務、あるいは仕事と家庭の両立を目指している女医でもスキルアップを目指すことができます。これまで発見できなかった画像上の異常を、新たな知識で見つけることができるようになった時の達成感は放射線科医ならではのものでしょう。

もうひとつ、放射線科医のやりがいは他の診療科と協力し合いながら行っていく点にあります。病気の診断もそうですが、放射線治療も内科のほか、さまざまな診療科で用いられます。診療科を超えて治療行為に携わることができるのです。それだけにさまざまな経験を積むことができ、広い知識を身につけるチャンスを得ることができます。このように、放射線科医のやりがいはどれも他の診療科の医師にはない特別なものばかり。逆に言えば就職・転職を目指す際にはこうしたやりがいを得られるかどうかを重視して求人探しを行っていくことが求められるのです。

あとは年収をやりがいに挙げる放射線科医もいます。専門性が高い放射線科医師の年収は、もちろん経験や実力によっても異なりますが、常勤の場合で1000万円~1800万円程度が相場といわれています。年収としては十分やりがいに値する数字といえます。もし転職活動をする際は収入面もきちんとチェックしてからその病院へ転職するのかを決めるようにしましょう。 リクルートドクターズキャリアなどの転職サイトを利用すれば、そうした情報もすべて知ることができます。日々の激務に追われながら転職活動も同時進行で行わなければいけない人にとっては、効率的でスピーディーな転職活動ができる転職サイトはぜひおすすめです。

放射線科の医師募集は多いのか?求人をうまく見つける方法は?

放射線科医の医師募集は、どの転職サイトやどの求人サイトをチェックしても、それほど多くありません。これは、放射線科が設置されている病院の数が少ないために、放射線科医の絶対数が少ないことが原因の一つと考えられます。放射線科の治療を行うためには、高額な医療機器や最先端医療機器などが必要となるため、中規模から大規模な病院に放射線科が設置されていることが一般的。小規模から中規模な病院では、放射線科医師の職務となる読影業務は、別の業者へ委託することも多いため、放射線科が設置されていない病院も少なくないのです。

また、放射線科が設置されている病院でも、そこに勤務する放射線科医師の数はとても少ないのが一般的です。例えば、新規に放射線科を開設する大病院の場合にも、放射線科医師の数はおそらく1名~2名程度ではないでしょうか。そのため、求人募集が出ても枠がとても狭いので、なかなか求人を見つけることが難しいのも放射線科医の特徴と言えるでしょう。

もともと絶対数が少ない放射線科医も、転職先を見つける際には、できるだけ条件が良くて待遇が良い病院を見つけたいですよね。その場合に、毎日の激務をこなしながら転職活動を並行して行うのは、肉体的にも精神的にも大変です。そこでおすすめなのが、転職サイトを活用した転職活動。リクルートドクターズキャリアのような医師の求人情報を専門に取り扱っている転職サイトなら、プロのアドバイザーが専任で転職活動をサポートしてくれます。自分の希望や条件に合わせて仕事を見つけてくれたり、的確なアドバイスをしてくれたりするので、忙しい中で転職活動を行わなければいけない人にとっては、心強いサポートと言えるでしょう。

ガンの放射線治療などにも使われている放射線。がん治療の中でも放射線治療の割合が多くなるにつれて、放射線科医師のニーズも高くなります。現在、がん放射線治療が選択される割合が非常に多い以上というアメリカにおいては、放射線科医師の人気が高く、多くの学生が放射線科医師を目指しているのだとか。日本では放射線治療の割合はまだ少ないですが、これからがん治療の方法が多様化するにつれて、放射線科医師の数も増えていくことが考えられます。そうすれば、放射線科を設置する病院の数も増えたり、放射線科医師の求人数もふえるのではないでしょうか。専門性が高い診療科ですから、ニーズが増えて医師の求人数も増えれば、放射線科医を目指そうという新人研修医も増えるかもしれませんね。