整形外科医に多い悩み

どんな職業でも悩みはつきものですが、整形外科医の場合はこの診療科ならではの悩みと、医師全般に見られる悩みの両方が見られます。また、働く環境によって抱える悩みが違ってくることも多く、「整形外科医はこんな悩みがある」とひと言ではいえない部分もあるのです。

もっとも多い悩みとして挙げられるのは仕事の忙しさです。大学病院など規模の大きな病院であっても在籍している整形外科医の数は限られているため、患者が多いときには朝から晩までほとんど休みなしに働かなければならないこともあります。また、急患や手術があるときなど整形外科医がある程度の時間つきっきりで対応しなければならないため、他の整形外科医にしわ寄せがくる形で忙しくなることもあります。手術がある日などは開院前や昼の休憩時間に準備や最後の確認などを行う必要もあるので休憩する暇もありません。

さらに緊急対応の職場では夜勤や休日出勤、急な呼び出しに対応しなければなりません。この環境に人手の不足が加わるとシフトがかなり厳しく激務な環境になってしまうことが多いのです。これではいくらやりがいを感じることができても心身が持たず、転職を考えなければならなくなってしまいます。

対人関係、とりわけ患者との関係に悩む整形外科医も多いようです。長引く治療や症状が慢性化してしまったケース、さらにリハビリテーションなど、患者と長い期間接しながら信頼関係を構築していく必要があるのも整形外科医の大きな特徴です。怪我の場合、症状が日常生活に支障をもたらしてしまうことも多く、治療する側にとってはよい環境が必ずしも患者にとってよい選択肢とは限らず、一方的に治療計画を進めていくと意見の食い違いからトラブルに発展してしまうこともあるのです。コミュニケーション能力にあまり自信がない整形外科医も多く、この点でつまづいてしまうケースも多いといいます。

キャリアの悩みも整形外科医ならではの事情が見られます。外来の診療担当でしばらく経験を積んだ後にどの道を歩むか。スポーツ医学や手術担当、骨粗しょう症など骨のトラブルの担当など専門領域もありますし、小児外科などの選択肢もあります。このまま外来の外傷担当で続けるのか、キャリアアップのために新たな分野や職場にチャレンジするべきか悩むことも多いのです。さらに30代~40代になれば独立開業という選択肢も出てきますから、思い切って独立するか、現在の安定した職場で続けるか、仕事だけでなく人生の大きな選択に悩むことも少なくありません。

定年を超えても働きたい医師の方へ

ほとんどの一般の企業では60歳で定年退職となりますが医師という資格をもっていれば、定年はなく、本人の働きたいという意志があれば、医師として現役で働くことができます。気を付けないといけないのが、勤務医の場合は、病院に定年があるところがあります。定年後は健診医、産業医、老人健康保健施設で働きたいと希望するかたが多いです。中には定年後に開業をし、一生現役でいたいと考えているかたもいます。医師のお仕事は本人に働く意志があれば、働き続けることができますが、働く場所を限定されることがあるので、覚えておいてください。

定年を過ぎても病院側が働いても良いという許可を出せば働き続けることはできますが、現役世代から良くない目に見られるケースがあります。働き盛りの30代~40代の医師のかたの働きぶりに付いていくことができず、結果的に退職をしてしまうというケースがあります。働ける条件は揃っているのに、退職をするというケースの中には、こういった人間関係の問題もあります。また無理のない範囲で働きたいというかたもいますが、働き盛りのかたは激務を日々こなしているので、中々要望を伝えにくくなり、退職を決意したかたもいます。

定年後にも落ち着いた環境で働くことができるところは多々あるので、無理に継続して働く必要はありません。年齢を重ねると嫌でも体力が低下するので、過酷な労働環境で働き続けるのは難しい部分があります。高度な技術を駆使する手術ができなくなるケースもあるので、いちがいに働き続けるのが良いとは言えません。ご家族がいるかたは、ご家族と一緒に過ごす時間が欲しいので、引退をするというかたもいます。年齢の問題でほかの医師のかたに迷惑をかけるかもしれないという思いが年齢を重ねた医師のかたの一番の悩みです。

転職をする理由は人それぞれです。給料や待遇を良くしたい、スキルアップやキャリアアップをした、やりがいのあるお仕事をしたいなどが代表的な理由ですが、転職をしたからといって、必ずご自身の希望する条件の職場へ転職できるという訳ではありません。おすすめなのが、転職支援サイトに登録をし、キャリアコンサルタントのかたに転職に関する相談をすることです。求人の情報が本当に間違いないのかを調べることやどういった労働環境なのかなどを調べることもできるので、働いてみてから後悔をするということは圧倒的に少なくなるので、多くのかたが利用しています。

医師の世界はパワハラが多い?悩んだときは転職もあり

医師の世界は上下関係が厳しいため、「パワハラ」が発生する恐れがあります。このような職場であれば、精神的にもストレスを抱えてしまい、仕事を長く継続することが困難になってしまう可能性があります。出来る限りストレスを少なくして、精神的な負担が大きくなる恐れがあります。パワハラはセクハラに比べてなかなか立証がしにくく、こじれた人間関係や上司の資質や人間性、職場の雰囲気によっても違うため、なかなか分かりにくいところがあります。

パワハラは一度発生してしまうと、それが原因でストレスを個人的にも抱え込んでしまい、抜け出せなくなってしまう可能性があります。こじれた人間関係は修復できないままになってしまうことも多く、出来る限り早めにそれらの負担を小さくするようにしておくことが望ましいといえます。精神的にも負担が大きくなると、それが原因でその状況から脱却できないままになってしまう危険性があります。

医師の世界は、人の命を扱う特殊な業界ということもあり、精神的な負担が大きくなる業種でもあります。そのため、「実際に現在受けていることがパワハラなのか」ということを、はっきりと自分で意識しないまま、その状況で苦しんでしまう可能性があります。出来る限り、業務内でストレスを感じるのであれば現在であれば「転職」という選択の方法もあるのではないでしょうか。出来る限り早く、それらの精神的な要素は解決できるようにしておくことで、全体的な負担を小さくすることができます。

精神的な負担が大きく、もしパワハラでなくても現在の職場の上司との相性が悪い、といいうことであればそのままの状況を継続するよりも、次の転職先を探すということが専門性の高い職種である医師であれば十分に候補として考えることがあります。自分にはどのような仕事が向いているのか、ということを実際に考慮することが望ましいでしょう。

もし、パワハラの悩みも含めて転職を考えているのであれば、転職支援サイトのキャリアコンサルタントに相談してみることが一つの方法です。どうすれば転職が可能なのか、また、現在の状況はパワハラに該当しているのか、などについても具体的なケースを含めて教えてもらえるので転職をする一つの方針を立てることが可能です。また、次の職場ではそのような厳しい人間関係を避けた職場なども紹介してもらうことができるので、自分の希望する条件で転職しやすい、というメリットもあるためお勧めです。

医師と残業。「残業が少ない職場」は意外に見つかる?

医師の業務は残業が多くなる職場もあり、そのため精神的なストレスや肉体的な負担が大きくなってしまうことがあります。一般的に残業は36協定が適用され、月に36時間を目安に残業が抑えられていますが、人の命を扱う医師の職場であれば急患やオペなので手術時間が長くなってしまうこともあり、出来る限りそれらの精神的な負担を減らすことを考えてみることも一つの方法ではないでしょうか。

ストレスをなるべく抱えまない、という意味でも残業をなるべく少ない職場を検討するということも大切なことです。労働時間が実際にどの程度なのか、ということはオペや急患の対処、休日出勤なども含めて一度、自分でトータルの時間を計算しなければ分かりにくいところですが、出来る限り早めに時間を計算して、精神的な負担を小さくできるようにすることは大切です。特に、超過時間が長く、それが原因で仕事を続けることがつらくなると、心理的にも追い詰められてしまう可能性があります。医師に限らず、労働時間の超過や残業の問題は、仕事の悩みになることが多く、うつ病などの原因になることがあります。特に月の残業の労働時間が200時間を超えるなど状況になってしまうと、精神的にも大きなストレス要因になってしまう可能性があるため、出来る限り早めに解消できるようにしておくことが望ましいでしょう。

仕事を安定、継続して続けるためには、やはり「どういう方向性で仕事をすることが出来るのか」ということを冷静に考えることが望ましいといえます。精神的にも大きな負担が増えてしまうと、そこから脱却できないまま、結果として自分のキャリアや仕事への意欲さえも失ってしまう可能性があります。そのような状況は出来る限り避けるべきであり、なるべく冷静に仕事が続けられるようにすることが望ましいでしょう。

もし、残業の長さが負担になっているのであれば、転職支援サイトのキャリアコンサルタントに一度、相談してみるということも一つの方法です。新しい職場では、それほど残業などの諸問題でストレスを抱え込まなくてよい条件の仕事先を十分に探すことが出来る可能性があります。精神的にも、余計にストレスを抱え込まなくてよいように、転職ということを視野に入れて、残業があまりない職場を検討するということも一つの方法です。仕事で余計なストレスを抱え込んでしまうと、そこから逃れられなくなってしまう可能性があるため、ぜひ早めの残業の悩みの解消をお勧めいたします。

医師の人間関係の悩み。転職のススメ

医師の職場では上司の医師はもちろんのこと、看護師、その他医療関係者との人間関係は大変重要になってきます。これらの人間関係が十分に構築できなければ、仕事を続けることもかなり精神的な負担になってしまう可能性があるため、一度人間関係が構築できないと、仕事でストレスをため込む要因になってしまいます。出来る限り早めに、人間関係で悩むようなことがあれば、転職などを含めて現状の改善を検討してみることは必要といえるのではないでしょうか。

ストレスの要因は、なかなか表面化しにくく、そのままストレスを抱え込んでしまう、という可能性もあります。人間関係は、パワハラのように分かりやすいストレス要因だけではなく、上司や他のスタッフとの意思疎通などを含めて円滑にコミュニケーションを取ることができない、なども十分にストレスになる可能性があります。出来る限り早めにそれらのストレスは解消できるようにしておくことで、精神的な負担も含めて大きく解消をすることが出来るため、一度、人間関係については十分に現在の職場について見直すことが必要です。

何が自分にとってストレスになっているのか、ということは人によっても大きく違うところがあります。人間関係の新たな構築は時間がかかることもあり、また人には相性という問題があるので、無理に相性が悪い方と仕事をするよりも、次の職場であらたに人間関係を構築するほうが、素早くストレスにならないことも多くあります。特に医師の仕事は専門性が高いため、その精神的な負担がプレッシャーとなってしまい、なかなかそこから抜け出せなくなってしまう、という可能性もあります。

もし、人間関係で悩んでおり、転職を考えているのであれば転職支援サイトに登録をして、どのような転職先があるのか検討をしてみることもお勧めです。専任のキャリアコンサルタントに現在悩んでいる転職理由などを含めて相談をしておけば、次の職場ではどのような方法が可能なのか、ということを十分に検討をすることが可能です。なるべく仕事でストレスをため込まないように、仕事をする理由ということをよく検討をしておくことが、必然的に失敗するリスクも減らすことができます。仕事で余計なストレスを抱え込むようなことが無いように、思い切って転職を考えるということも一つの方法なので、何が現在の人間関係でいやなことなのか、ということも含めてよく検討をしてみることをお勧めします。

医療脱毛関係の医師求人の特徴

ムダ毛の処理に悩まされているという方は非常に多く、自己処理やエステの処理では満足することが出来ない方が多くクリニックに訪れています。今では女性を中心に脱毛が一般的になっていますがエステ脱毛と医療脱毛には差があって後者は医師の配置が必要です。そして医療脱毛関係の美容クリニック医師求人はそれなりの数を目にすることが出来ます。美容クリニックの業務は非常に多く、中には特定の治療を専門に行うところも多く目にすることが出来ます。脱毛専門のクリニックはまさにそうしたクリニックの典型で、専門機材や専門知識を持ったスタッフを多く配備することで、エステでは出来ない脱毛処理を行うことが出来ます。需要があれば当然人材も必要となってくるので、求人数もそれなりの数が揃っており、就職・転職希望者も少なくありません。 例えばリゼクリニックやアリシアクリニックなどが有名なところです。

脱毛ならエステサロンでも行われているのではと考える方もいるかと思いますが、エステサロンとクリニックとでは使用できる機材に圧倒的なさがあります。クリニックで利用されている機材のほとんどは医師免許が無ければ利用する事が出来ない出力の高いもので、エステサロンのものは免許が無くても利用できる出力の低いものとなっています。かつてエステサロンで医師免許が必要な高出力な機材を用いて客に怪我を負わせたという事件もあったため、信頼性の高いクリニックの存在は非常に大きなものとなっています。

脱毛専門クリニックの医師業務はやりがいのあるものですが、将来性を考えると専門的過ぎて他の業種への技術の転用がしにくいという面もあります。そのため他業種への転職は前職のスキルが活かしにくく、業務を軌道に乗せるまでに苦労する可能性があるので、脱毛専門のクリニックで働こうとお考えの方は今後も脱毛関係の業務に力を入れ続けることを念頭に入れて就職活動に挑む必要があります。

脱毛専門のクリニックは人気が高く求人も多く見つけることが出来ますが、美容クリニック関連の求人は職場環境に大きな差があることが多く、中には非常に働きにくいと感じる職場もあるかもしれません。そうした求人に応募しないためにも求人サイトや転職サイトの情報は詳しく確認して、少しでも自分が働きたいと思えるような求人を探すようにしてください。特に脱毛専門クリニックの場合は身に付くスキルも限定されるので、長く働き続けられそうな求人を見つけ出しましょう。

美容系医師求人の中でも整形関係の求人の特徴

美容整形関係の美容クリニック医師求人は非常に多く目にすることが出来ます。美容整形関係の業務は多岐に渡り、様々な技能が求められる事から人材が集まりにくく、新卒にしても転職にしても人材不足を避けるために毎年多くの求人が公開されています。求められるスキルが多い分業務は大変ですが、その分学ぶことも多く、高いスキルを身に付けることが出来るので、これから先も美容系クリニックで働き続けたいという方は求人をチェックしてみてください。

美容整形関係のクリニックは高い技術が求められます。美容整形の手術は様々な方法を駆使して身体の気になる点を解消していくため、一つの部位に対して様々なアプローチで手術を行うことが出来ます。そのため様々な手術法について学び、実践していく必要があるので、間違いなくスキルアップが望めます。さらに意見交換会なども積極的に行っているので、他のクリニックで行っている治療などについても学べる機会が多く、スキルアップを臨む方にとっては非常に良い環境と言えます。

美容整形関係のクリニックの業務は多岐に渡りますが、実際に処置を行うための技術はもちろんですが、それ以上に患者とのコミュニケーションがどれだけ取れるかが重要とも言われています。美容整形を検討する方の多くは様々な形で悩みを抱えており、精神的に追い詰められている方も珍しくありません。そうした方の話を聞いて悩みを解消させることも医師には求められるので、接客が好きだという方はその技能を病院よりも活かす事が出来るはずです。

美容整形と言うと以前は中々行う機会が無いものと言われていましたが、今は技術の進歩によって非常に簡単に行なうことが出来る処置も増えてきました。そのため安い料金でメスを入れずに注射などの処置で気になる部位の形などを変える治療を行う方が増えてきており、クリニックの需要も高まっています。まだまだ整形に対して抵抗感を持つ人は多いですが、今後の技術の進歩と普及によってはますます美容整形関係の美容クリニックの需要は高まるかもしれません。

美容整形関係の美容クリニックの求人は数ある美容クリニックの求人の中でも特に人気があり、人気の求人はすぐに募集を締め切られてしまいます。そのため少しでも早く応募することが出来るように常に情報収集を欠かさないようにして、すぐにでも応募出来るように提出書類の書き方から面接対策までしっかり準備しておく必要があります。求人サイトや就職セミナーなど役立つサポートも充実しているので、それらを駆使して理想の職場に就職しましょう。

美容クリニック医師の仕事内容

美容クリニックの仕事内容は勤めるクリニックにもよりますが、共通する点は美容のための治療を行うという点です。美容クリニックで行う業務は怪我や病気の治療とは異なり、美容に係わる点に手を加えるというものとなっており、通常の治療行為とは又違った難しさや面白さがあります。もしこれから美容クリニックに就職したり転職したりする方はどのような形で業務をこなしていくのか前もって学んでおいてから行動したほうが良いでしょう。

美容クリニックを利用する方の多くは身体的な悩みを持つ方が大変多く、様々なタイプの治療を希望していますが、中にはクリニックを利用する事に抵抗感を持っているという方や、精神的に不安定になっており、必要も無い治療を受けようとする方もいます。そういった患者に対してそのまま治療を行っても良い結果を生むとは限らないので、良い医師は必ず患者とのコミュニケーションを取ります。中にはカウンセリングを通して心のケアを行う方もおり、患者が満足出来る治療が何かを突き詰めていきます。

美容クリニックで行う治療といえば手術による治療です。その内容は実に様々で、求められるスキルも多種多様となっています。例えば顔の骨の一部を削るような手術を行うこともあれば、身体の一部にシリコンなどを埋め込んだり、ヒアルロン酸などを注入するなど他にも色々な形で身体の一部を変化させ、より美しい身体を作り上げていきます。全ての手術を完璧にこなせるようになるまでには相当時間が掛かりますが、より技術を磨くことで様々なアプローチを掛けることが出来るようになってきます。

美容クリニックの仕事にはスキンケアクリニックもあり、より美しい肌のために活動している医師も少なくありません。治療内容は色々ありますが、例えばしみをレーザー照射で消したり、ヒアルロン酸注射で腫れぼったい目を解消したり、特殊なマッサージ機器で顔のしわを解消したりと、他にもクリニックごとに様々なケアの手段を用意しているので、勤め先次第で利用する機材や習得できるスキルも異なってきます。

美容クリニックは病院などの治療に比べて軽んじられているという方もいますが、女性の長年の悩みを解決することが出来るこの仕事は普通の病院などとは違う様々な経験を積むことが出来ます。こうした美容クリニックの求人情報は通常の求人雑誌などにはあまり掲載されていないので、医師専門の求人サイトや転職サイトなどを利用するなどして、より確実に多くの情報を集めることが出来るようにしておくと就職活動や転職活動を進めやすくなります。

そんな美容クリニックの医師の仕事ですが。よく「特別な資格があるのか?」という質問がありますが美容クリニックで働きたい時は正直なところ医師免許を取得しておけばそれでOKです。実際医師免許しか持っていない状態で美容クリニックで働いていると言う方は少なくありませんし、中には優秀な人材もいらっしゃいます。とはいえ美容クリニックで行う手術などは一般的な医師とは違う技術が求められるので、何の知識の無い状態で治療にあたっても思い通りにいかないことが多々あるので、医師免許だけでなく美容外科に関する資格も取得するようにしてください。

美容クリニック医師の年収・給与相場を徹底解説

美容クリニックの年収や給与は医師の中でも高い部類に入ります。元々医師の仕事は様々な知識や特別な資格などが必要になる分一般的なサラリーマンと比べて給与は高く設定されていますが、美容クリニックの場合はそうした医師の給与と比べても高くなることが多く、給与が多い仕事に就きたいときの選択肢として最適な業種といえます。大手転職サイトを検索すると20代でも年収2000万以上稼ぐ医師がいたりその給料水準はけた違いです。同じ医師の給与でも美容クリニックと一般的な病院勤務の場合に給与の差が出るのはなぜなのでしょうか。

一般的な病院の勤務医と比較しても給与が高いといわれている美容クリニックの給与ですが、その理由は美容クリニックで行う業務が治療行為に当たらないからといいます。美容クリニックで行う処置は全て病気や怪我などを治すためのものではなく、美しくなるための処置になるため、一種のサービス業のようなものとして扱われています。その分値段設定などを自由に設定することが出来、その結果給与も高くなりやすくなっています。いわゆる自由診療というやつです。

美容クリニックの給与が高い理由は治療が全て自由診療だという点にあります。自由診療は保険適用がされず、値段設定なども自由に決定することが出来るようになっているので、儲けようと思えばいくらでも儲ける事が可能になっています。例えば二重まぶたの手術でも4万円から20万円ほどの価格差があるといわれており、やろうと思えばもっと高くすることもできるでしょうが、料金が高いところはその分サービスを充実させたり高い技術を持つ医師が施術を担当するなど値段に見合ったサービスを提供しています。

美容クリニックでの給与を上げるためには適切なサービスをどれだけ提供することが出来るかが重要になってきます。美容クリニックの業務はサービス業に近いものがあるというだけあって、単純に単純に医師としてのスキルがあるだけではなく、患者に良い印象を持たれるような対応を行うことが出来るかも考える必要があります。人気のある美容クリニックでは腕の良い医師を集めるのはもちろん、患者とのコミュニケーションを上手に取ることが出来る医師が大勢いるので、給与アップを狙いたいときはそうした医師を参考にして仕事をしましょう。

高い給与をもらって仕事をしたいなら美容クリニックで仕事をするのが一番ですが、そのためには高い技術とコミュニケーション能力が必要になってきます。技術などは実務で学んでいかなければならないことも多いので、理想の給与で働けるようになるには時間が掛かるかもしれませんが、求人サイトなどをチェックして美容クリニックの医師として成長できそうな求人を探してみて、高い給与を得られる優秀な医師を目指してください。

ちなみに大手の美容クリニックには医師の退職金がもらえるケースもあるようです。「ケースもある」というのも退職金制度は強制されるものではなく、勤め先によってもらえないこともあるので、就職する際はクリニックの制度がどうなっているかをチェックすることが大切です。将来的に独立を考えているという方や転職を視野に入れているという方は今後の生活にも影響してくれるので、就職活動や転職活動の際には注意が必要です。 退職金の額はクリニックの制度によって異なります。勤続年数によってはそれほど多くの額を受け取ることが出来なくなるかもしれませんが、退職後の生活をある程度補填するだけの額は受け取れます。医療関係の仕事の中でも特に退職金が高いといわれている医師公務員に比べれば一般の規模の小さいクリニックの退職金はどうしても下がってしまいますが、一般的なサラリーマンの退職金に比べれば十分な額を受け取ることが出来るはずです。

眼科医の適性とは?向いている人の特徴は?

眼科医のお仕事は、総合病院や大学病院など眼科が設置されている病院で働けば、夜勤を行うこともありますが、その場合でも病棟を持たずに多くの治療が外来のみで行えるため、ほかの診療科目で働く医師と比べると、夜勤や当直をしている医師の割合がとても少ないという特徴があります。夜勤をしないことによって、仕事とプライベートを両立させやすくなりますし、体調管理がしやすくなるなどたくさんのメリットがあります。仕事も頑張りたいけれどプライベートも充実したいという人や、家庭や育児との両立をしながらキャリアも頑張りたいという人にとっては、眼科医のお仕事はとても向いている診療科と言えるでしょう。眼科医は皮膚科と同じく、肉体的にも精神的にも負担が少ない診療科とする考えが一般的で、そのため、眼科医では女性医師も数多く働いています。日本眼科医会の会員数の内、約40パーセントが女性会員とされていますし、この割合は皮膚科と小児科に次いで大きいものであり、眼科医には女性医師が多いということが分かります。 

他の診療科目もすべて含めると、病院勤務をしている医師の割合は65%程度と言われています。しかし眼科医の場合には開業医が60%以上ととても高いという特徴があり、開業医として働きたい人にとっても、眼科はとても向いている科目と言えるのではないでしょうか。その理由は、白内障や網膜症など手術が必要になる疾患の治療でも、マイクロサージェリーを使って行うため大掛かりな医療機器ではなく、病院勤務でなければ治療ができないという環境ではないことがあげられます。医師として将来は開業したいという人や、一人の患者さんに最初から最後までしっかり対応したいという人にとっても、この診療科目はとても向いている科目と言えるでしょう。 一方で眼科は当直をする必要がない職場が多い科目なので、当直をして収入をアップしたいという人にとっても、眼科は向いていないかもしれませんね。