定年を超えても働きたい医師の方へ

ほとんどの一般の企業では60歳で定年退職となりますが医師という資格をもっていれば、定年はなく、本人の働きたいという意志があれば、医師として現役で働くことができます。気を付けないといけないのが、勤務医の場合は、病院に定年があるところがあります。定年後は健診医、産業医、老人健康保健施設で働きたいと希望するかたが多いです。中には定年後に開業をし、一生現役でいたいと考えているかたもいます。医師のお仕事は本人に働く意志があれば、働き続けることができますが、働く場所を限定されることがあるので、覚えておいてください。

定年を過ぎても病院側が働いても良いという許可を出せば働き続けることはできますが、現役世代から良くない目に見られるケースがあります。働き盛りの30代~40代の医師のかたの働きぶりに付いていくことができず、結果的に退職をしてしまうというケースがあります。働ける条件は揃っているのに、退職をするというケースの中には、こういった人間関係の問題もあります。また無理のない範囲で働きたいというかたもいますが、働き盛りのかたは激務を日々こなしているので、中々要望を伝えにくくなり、退職を決意したかたもいます。

定年後にも落ち着いた環境で働くことができるところは多々あるので、無理に継続して働く必要はありません。年齢を重ねると嫌でも体力が低下するので、過酷な労働環境で働き続けるのは難しい部分があります。高度な技術を駆使する手術ができなくなるケースもあるので、いちがいに働き続けるのが良いとは言えません。ご家族がいるかたは、ご家族と一緒に過ごす時間が欲しいので、引退をするというかたもいます。年齢の問題でほかの医師のかたに迷惑をかけるかもしれないという思いが年齢を重ねた医師のかたの一番の悩みです。

転職をする理由は人それぞれです。給料や待遇を良くしたい、スキルアップやキャリアアップをした、やりがいのあるお仕事をしたいなどが代表的な理由ですが、転職をしたからといって、必ずご自身の希望する条件の職場へ転職できるという訳ではありません。おすすめなのが、転職支援サイトに登録をし、キャリアコンサルタントのかたに転職に関する相談をすることです。求人の情報が本当に間違いないのかを調べることやどういった労働環境なのかなどを調べることもできるので、働いてみてから後悔をするということは圧倒的に少なくなるので、多くのかたが利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です