医師と残業。「残業が少ない職場」は意外に見つかる?

医師の業務は残業が多くなる職場もあり、そのため精神的なストレスや肉体的な負担が大きくなってしまうことがあります。一般的に残業は36協定が適用され、月に36時間を目安に残業が抑えられていますが、人の命を扱う医師の職場であれば急患やオペなので手術時間が長くなってしまうこともあり、出来る限りそれらの精神的な負担を減らすことを考えてみることも一つの方法ではないでしょうか。

ストレスをなるべく抱えまない、という意味でも残業をなるべく少ない職場を検討するということも大切なことです。労働時間が実際にどの程度なのか、ということはオペや急患の対処、休日出勤なども含めて一度、自分でトータルの時間を計算しなければ分かりにくいところですが、出来る限り早めに時間を計算して、精神的な負担を小さくできるようにすることは大切です。特に、超過時間が長く、それが原因で仕事を続けることがつらくなると、心理的にも追い詰められてしまう可能性があります。医師に限らず、労働時間の超過や残業の問題は、仕事の悩みになることが多く、うつ病などの原因になることがあります。特に月の残業の労働時間が200時間を超えるなど状況になってしまうと、精神的にも大きなストレス要因になってしまう可能性があるため、出来る限り早めに解消できるようにしておくことが望ましいでしょう。

仕事を安定、継続して続けるためには、やはり「どういう方向性で仕事をすることが出来るのか」ということを冷静に考えることが望ましいといえます。精神的にも大きな負担が増えてしまうと、そこから脱却できないまま、結果として自分のキャリアや仕事への意欲さえも失ってしまう可能性があります。そのような状況は出来る限り避けるべきであり、なるべく冷静に仕事が続けられるようにすることが望ましいでしょう。

もし、残業の長さが負担になっているのであれば、転職支援サイトのキャリアコンサルタントに一度、相談してみるということも一つの方法です。新しい職場では、それほど残業などの諸問題でストレスを抱え込まなくてよい条件の仕事先を十分に探すことが出来る可能性があります。精神的にも、余計にストレスを抱え込まなくてよいように、転職ということを視野に入れて、残業があまりない職場を検討するということも一つの方法です。仕事で余計なストレスを抱え込んでしまうと、そこから逃れられなくなってしまう可能性があるため、ぜひ早めの残業の悩みの解消をお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です