眼科医の採用基準とは?

眼科医の採用基準はさまざまあると思いますのでここではいくつかを例示してみます。

眼科医が民間の一般病院やクリニックなどに転職する場合、執刀経験を持っていると待遇面で優遇を受けられる可能性が飛躍的に高まります。白内障の手術件数は年間で100万件にも上るとされており、目の病気の治療には手術が必要になることが多いです。また、同時に、それは眼科医における重要な収入源ということでもあります。しかし、ほとんどの眼科手術は難易度が高く、危険性も高いため、メスを持ちたがらない眼科医も少なくありません。ですのでそのキャリアがあれば評価はあがります。眼科医が多くても、執刀医の少なさに悩まされているという医療機関もあります。そのため、眼科手術の執刀経験を持っていればその経験は大きな強みになり、採用をもらえる可能性が高くなるといえるでしょう。もちろん、執刀経験は多ければ多いほどいいものですが、眼科手術の執刀経験を持っていなくても、眼科手術に対する積極的な姿勢を示せば十分なアピールポイントになります。

あとは労働環境があうかも採用基準になりますね。これは眼科に限らずですが。実際に大手転職エージェントに集まっている眼科医の求人を見てみると、土日祝日休み、平日は9時から17時の勤務時間を約束している求人は多く、実際に働いている医師の声を聞いてみても、その通りに近い勤務時間で働けているというケースも多いようです。特に忙しいといわれる外科医系の仕事と比較すると、眼科医は落ち着いて働ける職場が多いといえるのかもしれません。 ですが中には忙しい眼科の職場もありますね。そういうところはどれくらい勤務環境を併せてくれるかが採用基準になることがあります。眼科医でも勤務場所によっては、時間外労働や休日出勤を求められるケースがあるようですのでそういうケースは採用条件の1つになるかもしれません。

資格があると採用されやすくなるケースもあります。眼科医の先生にとって資格と言えば専門医の称号だと思いますが、眼科医の中でも専門医に対する評価が分かれており、苦労してまで取得を目指さない先生も最近は増えています。 それでも頑張って眼科の専門医を取得した場合、やはり採用には生かせる職場もあります。「専門医など意味がない」と早々に見切りを付ける眼科の先生も多いのですが、実際は専門医の称号が転職で役立つ場合は多いです。 特に眼科専門クリニックや総合病院などは専門医の先生を優先的に雇いますし、転職の年収交渉で、専門医の資格を持っているとより高い年収を引き出せる可能性も高いです。専門医の資格を評価してくれる病院、眼科専門クリニックはたくさんあり、逆に専門医でないと転職が困難な職場もあるので、転職時にはその手の医療機関に応募するといいかもしれません。専門医を優遇してくれるか、優遇してくれないかは、医療機関によって全く違います。そもそも優遇できるだけの財務的な体力がない医療機関もありますし、専門医の実力を必要としていない医療機関もあるはずです。やはりどこの医療機関でも自動的に専門医を評価してくれるとは限らないのですね。 そうした現状がある中で、専門医を優遇してくれる医療機関を探すには、やはり情報網が必要になってきます。優遇してくれるといっても、どのように優遇してくれるのかは医療機関によって違いますし、どの程度優遇してくれるのかも違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です